Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【知らないと損】自動車保険・任意保険の一括見積の注意点と落とし穴

自動車保険(任意保険)の各保険会社の保険料は無料の一括見積もりを使うことで簡単に各社の保険料を調べて比較することができます。

一括見積はとても便利でこれと言ってデメリットはありませんが、注意点や知っていないと陥ってしまう落とし穴がありますのでここで一括見積もりを行う上での注意点をまとめておきます。

自動車保険の一括見積は補償内容のチェックが重要

自動車保険の一括見積もりは、車検証に記載されている「車種」や「型式」、「免許の色」や保険証券に記載されている「等級」や「補償内容」を入力した結果、保険料が算出されます。

算出された保険料が現在契約中の自動車保険(任意保険)と一括見積もりで出てきた保険会社間の保険料の差額が大きい場合は、「現在加入中の自動車保険の契約内容と同じ条件で見積もれていない」可能性が高いの出てきた見積もりの補償内容や条件のチェックが重要です。

よくあるのが、見積もりの際に補償を付け忘れていたり、補償額を入力し間違えていた、車両保険を付け忘れていたというケースです。

保険料に大幅な差がでたら補償内容を確認する

自動車保険(任意保険)の一括見積もりの保険料に大幅な差があれば、下記の内容を見直して見ましょう。

  • 車両保険の有無は正しく設定されているか
  • 対物や対人事故などの補償額は正しく入力されているか
  • 補償のつけ忘れがないか
  • 無駄な特約などが設定されていないか
  • 現在契約中の保険の等級が正しく入力されているか
  • 運転者限定の範囲は正しく設定されているか
  • 補償対象となる年齢条件は正しく設定されているか
  • 人身傷害補償の有無は正しく設定されているか

また、現在加入中の保険と同一条件で比較している場合は、代理店から契約した自動車保険と同一条件で見積もった場合は、2割~5割程度保険料が安くなるのが普通です。

保険料が安くなったからとよく補償内容や条件を見直さないで保険会社を乗り換えたら補償を付け忘れていたり条件が間違っていたりすることもあるので入力ミスや同じ条件の内容での見積もり結果にいなっているのか確認することが重要です。

自動車保険の一括見積もりは事前の準備が必要

自動車保険(任意保険)の一括見積もりに必要なのは補償内容です。代理店やディーラー、自動車屋で自動車保険に加入する場合は担当者と相談いながら補償内容を決められるため新規で自動車保険を契約する場合でも迷うことはありません。

しかし、自動車保険の一括見積もりは自分で条件や補償内容を選択して見積もり依頼をします。そのためまずは、見積もりを取るための条件や保証内容を選んでおくという準備が必要になります。

また、すでに自動車保険(任意保険)に加入している状態で見積もりを取る場合は、「車検証」と「現在契約している保険会社の保険証券」が必要になります。

現在自動車保険(任意保険)に加入しているのであれば比較対象があるため、全く同じ条件で見積もる、今の保険に補償や車両保険などをプラスして見積もるということも可能です。

まずは同一条件で見積もってみることが重要です。同一条件で見積もることでどの保険会社の保険料が安く、補償や条件を変えた時にどれくらい高くなるのかということを調べることができます。

一括見積は「車検証」と「現在契約している保険会社の保険証券」があって同一条件で見積もりを取る場合は5分程度の入力で見積もりを依頼できるのでとても簡単です。

一括見積もりをすることを考えていれば事前に条件や補償内容を決めておくとスムーズに各保険会社から保険料の見積もりを取ることができます。

自動車保険の保険料は毎年見直しするとお得

自動車保険は一度契約したら終わりという人が多いですが、定期的に一括見積もりを使って見直すと保険料をさらに安くできます

保険料を決めている条件は複数あり、保険会社によって等級や事故歴、走行距離、特約の有無などのリスクの考えかたが異なります。

そのため、数ヶ月期間が空くと同一条件であっても保険料変わることはむしろ普通のことです。自動車保険の一括見積もりは複数の保険会社に対して一括で見積もりを依頼してそれぞれの保険料を調べられて比較ができるサービスなので、

保険料が安い保険会社が変わることも普通にあります。

したがって、自動車保険(任意保険)の契約更新の時期が来たら安易に継続契約や契約更新をせずに、少し手間かもしれませんが、自動車保険の見直しをしてみると保険料を安くすることが可能です。

また、自分は今までほしいと思っていた補償や特約が増えていて付帯できるようになっていることもあるのでメリットが多いのです。

自動車保険を無料で一括見積もりができるサービス

自動車保険の保険を安くための一括見積りサービスはSBIが提供している自動車保険の無料一括見積りサービスです。

どの保険会社の保険料が安いのかかは実際に見積りをとってみないとわかりません。自動車保険の一括サービスは完全無料なので簡単に安い保険料の保険会社を探すことができます。

武中
無料の一括見積もりサービスを使って複数の保険会社に対して一括見積もりをすると事故有等級の現在の等級でどの保険会社が一番保険料が安いのかが簡単にわかります。もちろん一括見積もりサービスは完全無料で利用できます。

自動車保険をかけたい自動車の車検証と免許証があれば5分ほどで見積もり結果が算出されて返ってくるので算出された複数の自動車保険会社の保険料を比較して納得いく保険会社で契約することで大幅に保険料を節約でき安心して車にのることができます。

武中
無料の一括見積もりサービスを使うと保険料が保険会社ごとに分かって比較ができます。保険会社が直接算出するものなので信頼のある金額です

武中
さらに無料見積もりは何度の条件や補償内容をかえて見積りができるので簡単にいろいろな条件で保険料を調べられます。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2018年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)