この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【必見】自動車保険・任意保険の見積もりはいつからできる?

中古車や新車の自動車を購入した時には自動車保険に入ることになりますが、車が納車される時には自動車保険がかかっていてすぐにでも乗れる状態にしたいと思います。また現在加入中の保険の満期が近いのでもっと安い自動車保険に比較して乗り換えたいと思うはずです。

自動車保険である任意保険や車両保険は車検証に記載されている型式、初年度登録、自動車所有者と使用者の名義の情報があれば、

現在保険に加入している場合は満期の2〜3ヶ月前、新規で加入する場合は1ヶ月前程度から見積もりをとって加入手続きをすすめることができます。

新しく車を買い足す場合は、納車当日から自動車保険がかかっていて乗れる状態ですし、自動車保険を乗り換える場合は空白期間なしに乗り換えることができます。

もちろん等級は引き継がれます。

保険見積もりは乗り換えるの場合は満期2〜3ヶ月前から

自動車保険の加入期間は1年ごとなので既に自動車保険に加入している場合は満期前に保険会社から保険更新の案内はがきが送られてきたり電話がかかってきたりします。

自動車保険の見積もりは満期の2〜3ヶ月前から見積もりを取っておくとスムーズに乗り換えることができます。

自動車保険の見積もりは無料で複数の保険会社に対して一括見積もりができる見積もりサービスを使うと同一条件で一括で見積もりを出して見積もり結果を比較することができるので高い保険会社と契約してしまうことがありません。

こちらの方法を使うと保険の代理店で申し込むよりも3割〜5割ほど安くなります。

また自分の自動車保険の相場もわかるので毎年1回は見積もりをして保険の見直しをするのがおすすめです。基本的に事故をしていなければ毎年保険料は安くなります。

新規での保険の加入は車検証の情報があればいつでも

自動車保険の乗り換ではな新規で自動車保険に加入する場合は納車前であっても車検証の情報を自動車に乗る人がわかっていれば見積もりをとって事前に自動車保険に加入しておくことができます。

  • 車検証の情報1:  型式
  • 車検証の情報2: 初年度登録
  • 車検証の情報3: 車体番号
  • 自動車の所有者の住所と氏名
  • 自動車の使用者の住所と氏名
  • 車を運転する人の年齢や条件

納車日から保険が適用されるようにしておくと納車当日から保険が適用されているので安心して乗ることがでます。自動車保険は当日に申し込んでも実際に適用されるまでしばらく時間がかかるので1ヶ月前とかの早めの時期から申し込んでおけば当日から安心して運転できます。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2018年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)