この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【保存版】自動車保険の3つの保険料の支払い方法と分割や変更方法

自動車保険(任意保険)の3つの支払い方法は、「クレジットカード払い」と「銀行払い」と「コンビニ払い」の3つです。

保険料の分割ができる支払い方法は「クレジットカード払い」のみとなっております。

自動車保険の保険料の支払い方法(払込方法)の変更は、自動車保険の保険契約の更新または継続のタイミングでないと変更できない保険会社(東京海上や損保ジャパンなど)といつでも変更ができる保険会社(ソニー損保やアクサダイレクト、チューリッヒなど)があります。

スポンサーリンク




自動車保険の3つの保険料の支払い方法と申し込み可能期日

自動車保険の保険会社はたくさんありますが、どの保険会社も保険料の支払い方法は「クレジットカード払い」と「銀行払い」と「コンビニ払い」の3つの支払い方法から選択できます。

3つの支払い方法のそれぞれの申し込み可能期限(申し込み可能期日)

支払方法 ダイレクト型(通販型) 代理店型
クレジットカード払い 保険開始日の前日までに支払いをすればよい 保険開始日の16時までに支払いをすればよい
銀行払い 保険開始日の前日までに支払いをすればよい 保険開始日の16時までに支払いをすればよい
コンビニ払い 保険開始日の7日前までに支払いをすればよい 保険開始日の16時までに支払いをすればよい

自動車保険の支払い方法は上記の3つがありますが、基本的に申し込み可能期日は保険開始の前日や当日に支払いをすればいいことになっており、保険開始当日でも申し込みを受け付けてくれます。

しかし、自動車保険は条件や補償内容だけでなく、保険会社でも保険料は大幅に変わりますので、かならず保険を適用したい日より余裕を持って前もって契約しておくことが大切です。

急いで契約したために高い保険料を払ってしまっている方が多くいて正直もったいないです。

特に保険会社間の保険料の違いは3〜10万円近く保険料が異なる場合があるので自動車保険を契約する前には無料の自動車保険一括見積りを使ってそれぞれの保険会社の保険料の見積りをとって比較すると大幅に節約ができて浮いた分のお金は車の維持費やカスタム費用に回せます。

自動車保険(任意保険)の補償が適用される条件

自動車保険(任意保険)を契約しても実際に保険が適用されるのは、保険の開始日になっていることと、以下の4つの条件を満たしていないと補償が適用されません。

自動車保険(任意保険)の補償が適用される条件
  1. 自動車保険の契約が完了していること
  2. 自動車保険の保険料の支払いが完了していること
  3. 自動車の車検証の名義が被保険者のものに変わっていること
  4. 自動車保険の保険開始日になっているまたは開始日を過ぎていること

実際に、自動車保険を契約してもこの4つの条件をクリアしていなければ、もしもの事故の時も自動車保険が適用されず補償されないので注意が必要です。

また、自動車保険は納車前であっても契約ができるため前もって自動車保険を契約して保険の開始日を納車日にしておくことで余裕を持って無駄なく自動車保険に加入できます。自動車保険の契約開始日は自由に決められます。

自動車で購入したり、友達や個人売買で購入した車は自分の名義に変更された車検証が自動車保険の契約には必要なので、

納車前であっても名義が変わった車検証ができたらコピーを郵送してもらったりFAXしてもらうようにし、保険会社に名義変更済みの車検証をFAXや郵送すれば契約成立となります。

自動車保険(任意保険)の保険料を分割払いにできる条件

自動車保険の任意保険や車両保険を1年間の一括払いでなく分割払いや月払いにするにはクレジットカード払いを選ぶか、分割払いに対応した自動車保険会社を選ぶことで可能となっています。

自動車保険の任意保険や車両保険の保険料は基本的に1年間契約となるので年払いが基本ですが下記の方法を使うことで分割払いや月払いにすることができます。

分割払いや月払いに対応している保険会社とは
  1. クレジットカード支払いで分割払いにする
  2. 分割払いに対応した自動車保険会社を選ぶ

【保存版】自動車保険の保険料を分割払いや月払いにする方法まとめ

保険料が安い自動車保険は一括見積もりで比較して探せる

自動車保険には保険会社がたくさんありますが、同じ条件であっても保険会社によって基準がことなるため保険料が大幅に変わります。保険料が安い自動車保険(任意保険や車両保険)を探すには無料で使える自動車保険の一括見積もりサービスを使うしかありません

自動車保険は同じ条件や補償内容であっても保険会社によって保険料が大幅に変わります。近年は複数の自動車保険会社に対して一括で保険料を見積もりできるサービスがメジャーです

この一括見積もりサービスを使って出て来る保険会社はすべての保険会社が分割払いと保険開始日の指定に対応しています。

車検証と現在自動車保険に加入している場合は保険証、免許証があれば簡単に見積ができてわずか20分くらい複数の保険会社から見積もりがでてきて保険会社ごとに保険料を比較することができます。

同じ条件で見積もっているので保険料が安い保険会社がお得になります。

そのためロードサービス付きで一括見積もりをしてみるともし現在保険に加入している場合はどれくらい安くなるのかがわかりますし、新規の場合も最安の保険料で自動車保険に加入できます。

利用料は完全無料で約5分の入力で見積もり結果が出てくるので絶対に利用したほうがいいです。800万人以上の人が利用して保険料を大幅に安くできている実績があります。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

スポンサーリンク




この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

スポンサーリンク