Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

自動車保険・任意保険の保険料が高い4つの原因と安くする1つの方法

現在加入中や契約中の自動車保険や任意保険の保険料が高い!保険料を安くしたい!保険料を下げたい!と思っている人が多くよく相談を受けます。自動車保険の保険料が高い原因は、

1.代理店を使って契約している 2.無駄な特約をつけている 3.保険料が高い保険会社と契約している4.複数の保険会社に対して見積りや比較をしていない の4つのどれか1つでも当てはまった場合は高い保険料を払っていることになります。

保険会社によって保険料は2割〜5割程度変わります。

自動車保険の任意保険や車両保険の保険料を安くする方法は、定期的に自動車保険を見直すことで安くでき、無料で使える自動車保険の一括見積りサービスを使うことで一番安い保険会社を探して簡単に乗り換えることができます

自動車保険は年々保険料が変わりますし、同一保険内容、同一補償内容であっても保険会社によって保険料は大幅に変わります。

自動車保険・任意保険の保険料が高い原因や理由

自動車保険の任意保険や車両保険の保険料が高い原因や理由は、下記の内容のいずれかに該当した場合は、高い保険料を払っているので保険料を安くすることができます。

  1. 代理店を使って契約している
  2. 無駄な特約がついている(定期的に見直しをしていない)
  3. 保険料が高い保険会社と契約している
  4. 複数の保険会社に対して見積りをして比較したことがない

自動車保険の保険料は同じ会社であっても年間でもけっこう変動しますし、保険会社間で比較をすると保険料にかなりの差があります。

上記のいずれかに該当した場合は、3万円〜5万円程度の保険料を節約することは簡単です。

保険料が高い原因その1: 代理店を使って契約している

自動車保険の任意保険や車両保険の契約方法は大きく2つあり、代理店から契約する方法(代理店型)と、インターネットで契約する方法(通販型)の2つです。

もし中古車やディーラー、整備工場などの自動車保険の代理店から契約した場合はその時点で高い保険料を支払っています。

これは代理店には人件費がかかることと、保険会社が保険加入者獲得報酬を払っているからです。

その費用は加入者の保険料に上乗せされています。

保険会社と直接契約するダイレクト型(通販型)自動車保険はこれらの中間マージンがかからないのでダイレクト型は代理店型と比べて乗り換えるだけで保険料が2割〜5割程度安くなります。

さらに無料で使える自動車保険の一括見積りを使うことで最安の保険料で契約できます。

保険料が高い原因その2: 無駄な特約がついている

自動車保険(任意保険)には多くの特約がつけられます。

一番特約で保険料が高くなる特約は車両保険ですが、他にもいろいろな特約があり

使うことがないのに特約が付加されてるには保険料が上がる原因です。

一度現在加入中の保険の保険証券を確認して、どのような特約がついているのか確認することで無駄な特約を外して保険料をやすくすることができます。

特約を外した後の保険料が自動車保険の無料見積もりを使うこことで各保険会社ごとに簡単に保険料を調べることができます。

何度見積りを依頼しても無料なので、特約をつけたり外したりして保険料がどれくらい変わるのかをチェックすることにも利用できます。

参考までに自動車保険の特約を下記にまとめました。

  • 運転者限定特約
  • 人身傷害補償特約
  • ファミリーバイク特約
  • 他車運転特約
  • 弁護士費用特約
  • 自損事故傷害特約
  • 身の回り品補償特約
  • 対物全損時修理
  • ペット補償特約
  • 車両無過失事故特約
  • 対物臨時費用特約
  • 臨時運転者特約
  • 医療保険金特約
  • 事故付随費用担保特約

保険料が高い原因その3: 保険料が高い保険会社である

現在加入中の保険会社が、加入時に複数の保険会社に対して見積りをして比較をしてから選んでいなければ間違いなく高い保険料を払っています。

保険料は保険内容や補償内容が同じであっても保険会社によって大幅に異なります。これは、保険会社によって同じ保険の条件や補償内容であっても保険会社によって等級や年齢や、仕様用途や車種に対するリスクの考え方が異なるためです。

ではどの保険会社の保険料が安いのかは実際に見積りをしてみないとわかりません。

今は無料で使える自動車保険の一括見積りがメジャーで簡単に複数の保険会社に対して一括で見積りを依頼して保険料を調べて比較することができるようになっています。こんないいサービスがあるので使ったもの勝ちです。

保険料が高い原因その4: 一括見積もりを使ったことがない

自動車保険の任意保険や車両保険の保険料は保険会社によって大幅に変わることをお話しました。

では実際に各保険会社の保険料がいくらなのか?現在加入中の保険会社の保険会社や気になっている保険会社の保険料が高いのかが知りたいと思います。

結論を書くと、インターネットから無料で使える自動車保険の無料一括見積もりサービスを使うことで簡単に見積りをとって保険会社間で保険料を比較することができます

同じ条件での見積り金額が各保険会社からでてくるので保険料が安い保険会社がどの会社なのかがわかり今現在の保険からどれだけ保険料が安くなって節約ができるのかも簡単に調べられます。調べるだけ調べて契約したり乗り換える必要はありません。

自動車保険・任意保険の保険料を安くする簡単な方法

自動車保険には、多くの保険会社がありますが保険会社によって保険料が違うのは保険会社によって同じ保険の条件や補償内容であっても保険会社によって等級や年齢や、仕様用途や車種に対するリスクの考え方が異なるためです。

そのため、複数の保険会社に見積りをとった結果から安い保険料の保険会社を選択することで大幅に保険料を安くできます。自動車保険の一括サービスは完全無料なので簡単に安い保険料の保険会社を探すことができます。

武中
無料の一括見積もりサービスを使って複数の保険会社に対して一括見積もりをするとどの保険会社が一番保険料が安いのかが簡単にわかります。もちろん一括見積もりサービスは完全無料で利用できます。

自動車保険をかけたい自動車の車検証と免許証があれば5分ほどで見積もり結果が算出されて返ってくるので算出された複数の自動車保険会社の保険料を比較して納得いく保険会社で契約することで大幅に保険料を節約でき安心して車にのることができます。絶対に利用したほうがいいです。

武中
無料の一括見積もりサービスを使うと保険料が保険会社ごとに分かって比較ができます。保険会社が直接算出するものなので信頼のある金額です

無料で使えるので一括見積もりサービスを使わないのはもったいないです。

武中
無駄な特約がついている場合は、特約を外した内容で見積り依頼をすると簡単に保険料を調べられます。

800万人以上の人が利用して保険料を大幅に安くできている実績があります。ただほとんどの人が知らないで保険会社の言われるがまま契約している人が多いのです。各保険会社の保険料と現在の保険料との比較が簡単に無料でできるのでぜひ一度使ってみてください。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2018年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)