Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【必見】事故で警察に届け出しない呼ばないで示談は絶対ダメな理由

交通事故をした時には規模が小さい場合や、けがなしなどで相手が警察を呼ばないでほしいとか警察に届け出しないでほしいとその場でお金をもらって示談をする場合がありますがこれは絶対にしてはいけないことです。警察に連絡していないことで後で自分が不利になります。

まず事故で警察を呼ばなかった場合は保険会社から保険金を受ける時に必須な「交通事故証明書」が発行されないので保険金を受け取れません

保険会社には「届け出をしなかったあなたが悪い」と言われます。どれだけ小さな事故でもお互いにケガなしでも必ず警察に電話をして届け出をして保険会社にも連絡を入れることが重要です。忘れていたでは通用しません。

【重要】交通事故の際はすぐに警察を呼んで届出をしないと保険金が受け取れない

また、交通事故が発生したときは警察に報告することが義務化されており、もし警察を呼ばなかった場合は任意保険や車両保険が使えなくなるだけでなく道路交通法違反となり「3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金」に処せられます。

どのような小さいな事故でも警察と保険会社に連絡をして届け出をすることは自分を守るために最も重要なことです。

ケガがなかった場合や小さいな事故でも必ず警察を呼ぶ

事故にあった時や事故をした時にお互いにケガがなかった場合や、その場でお金をもらって示談というよな小さな事故の場合は警察を呼ばないことが多いですが、どのような小さな事故でもお互いにケガがなくても警察を呼んで届け出をすることが大切です。

事故の後になにも無ければいいですが、後からむち打ち症などの後遺症がでたり脳にダメージがあって話せなくなったり歩けなくなったりすることがあります。

そのような場合にもし警察に連絡をして届け出をしていなかった場合は保険会社は届け出がない事故はそもそも事故が起きていないとしてしか扱えないので、治療費は加害者と被害者で相談して治療をするしかありません。

しかし加害者側が治療費を請求しても払ってくれないケースはかなり多く保険会社も補償してくれないのですべて実費で治療をすることとなります。そのようなことにならないように事故が起きたら必ず警察を呼んで届け出をしておいてください。

武中
ほとんどの場合で加害者側は治療費は払ってくれません。そもそも届け出がされていない事故なので事故があったことすら警察もしらないので「知らない」で逃げられてしまって終わりです。

警察へ届け出をしないでその場で示談をした後に病院にかかってもすべてが自己負担で保険が使えない

事故で保険会社から治療費や保険金を支払ってもらうには警察が発行する「交通事故証明書」が必須となります。しかし、事故の時に警察に連絡をせずに届け出をしていなかった場合は、そもそも事故はなかったことになっていますので「交通事故証明書」は発行されません。

よって病院にかかって診療や入院、手術をした場合もすべて実費負担となり場合によっては100万円を超える治療費を自己負担することになります。事故を起こしたすぐには症状がでなくても後から症状がでてきて病院にかかることはよくあります。

物損事故で届け出をしても後から人身事故への変更が可能

事故をした時はケガがなく特に病院にいく必要もないような状態で車が損傷を受けているだけの状態の場合は、警察には物損事故で届け出をします。

しかし、後から症状がでてきて病院にかかって診療を受けた場合は後から事故を物損事故から人身事故に変更してもらうことができます。

物損事故から人身事故に変更するのは簡単で、病院で診断書をもらい、警察に診断書を持っていけば人身事故に変更してもらえます。

事故で警察を呼ばれない届け出しないことが多いケース

事故にあった時は相手からいろいろな理由をつけて警察への届出をしないように言われます。相手からその場で示談してくれと言われたり、警察への届け出をしないように言われても従わないで必ず警察に電話をして届出をしてください。

  • 加害者が無免許運転で警察へ届出をしないでと頼んでくる
  • 加害者が無保険で警察へ届出をしないでと頼んでくる
  • 加害者から免許の違反点数の関係で警察へ届出をしないでと頼んでくる
  • 小さな怪我だったため警察へ届出をしないでその場で示談してくれと頼んでくる
  • 仕事で免許がなくなると困るという理由で警察へ届出をしないでと頼んでくる
  • 被害者が軽いケガだったので警察を呼ばなかった
武中
相手が警察を呼ばないでくと泣きついてきても絶対に呼んでください

もしもの事故のために任意保険への加入は重要

「自分は事故を絶対にしない」と思っていても相手から事故に巻き込まれることもあります。事故の際に頼りになるのは自動車保険である任意保険や車両保険です。保険料が安い自動車保険でもいいので加入しておくことは必須です。

自動車保険は同じ条件や補償内容であっても保険会社によって保険料が大幅に変わり安い保険料で加入できる自動車保険があります。

近年は複数の自動車保険会社に対して一括で保険料を見積もりできるサービスがメジャーで車検証と現在自動車保険に加入している場合は保険証、免許証があれば簡単に見積ができて20社くらい複数の保険会社から見積もりがでてきて保険会社ごとに保険料を比較することができます。

同じ条件でも保険料は保険会社によって大幅に変わるので、少し手間ではありますがこの方法を利用することで今現在加入している保険会社よりも安い保険料にすることができます。

無料で使えるので使わないのはもったいないです。ただほとんどの人が知らないで保険会社の言われるがまま契約している人が多いのです。

利用料は完全無料で約5分の入力だけで見積もり結果が出てくるので絶対に利用したほうがいいです。800万人以上の人が利用して保険料を大幅に安くできている実績があります。同じ条件で見積もっているので保険料が安い保険会社がお得になります。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)