この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

申告した走行距離オーバーは保険料が上がる!保険料を上げない方法

自動車保険(任意保険)は契約時や更新時に年間走行距離を自己申告します。

申告した走行距離をオーバーした時は、自己申告することでもしもの事故の時も補償されますが、自己申告をしないと事故の時に補償されない保険会社もあるので注意が必要です。

ただし、走行距離をオーバーした時は追加で保険料を払う必要があります

申請した走行距離をオーバーすると保険料が上がりますが下記の方法を使うことで保険料のアップを防ぐことができ、場合によっては保険料が安くなることもあります。

  • 走行距離をオーバーした時: 保険会社ごと乗り換えると保険料が安くなる

走行距離が多くても保険料が安い保険会社というのがあります。

しかしどの保険会社がその条件で安くなるのかは実際に見積りをしてみないとわからないのが現状なので無料の自動車保険の一括見積りを使って複数の保険会社の保険料の見積りをとって比較して選ぶことで大幅に保険料を下げることが可能です。

スポンサーリンク




申告した走行距離をオーバーすると保険料が上がる

自動車保険はリスクに応じて保険料が変わるリスク細分型保険なので走行距離に応じて保険料が変わります

走行距離は多いほど事故のリスクが高いと判断されて走行距離が短いほど保険料が安くなります。逆にほとんど車にならない人は走行距離が少ないので保険料が安くなるといいうメリットがあるのです。

走行距離オーバー時に通知義務がある保険会社と不要の保険会社

実際は、保険会社によって走行距離がオーバーした時に通知(自己申告)する義務がある保険会社としなくても補償される保険会社があります。

それぞれ通知義務有りと無しの保険会社は下記のとおりになっています。

通知義務(自己申告)が必要な保険会社

  • ソニー損保(走った分だけでのCMで有名ですよね)
  • アクサダイレクト
  • チューリッヒ

通知義務(自己申告)が不要な保険会社

  • SBI損保
  • イーデザイン損保
  • 三井ダイレクト損保
  • そんぽ24
  • おとなの自動車保険

走行距離オーバーの通知義務ありと通知義務なしの会社の違い

自動車保険(任意保険)のには走行距離をオーバーした時に通知義務(自己申告)をする義務がある保険会社と通知義務が不要な保険会社を具体的に保険会社名をあげて紹介しました。

では、通知義務がある保険会社と通知義務がない保険会社の違いは何か?と思いますよね。

結論を先にかくと走行距離をオーバーした時に通知しなければならない保険会社は保険の契約期間中の走行距離を前もって予測して申告する方式の保険会社です。

逆に、走行距離をオーバーした時に通知をしなくていい(通知義務がない)保険会社は過去の年間走行距離の実績を申告する保険会社という特徴があります。

  • 保険契約期間の年間走行距離を予測して申告: 走行距離オーバー時には申告義務あり
  • 去年の年間走行距離の実績を申告: 走行距離オーバー時の申告義務なし

通知義務(自己申告)あり、なしにかかわらず申告した走行距離をオーバーした時は保険料はアップするため、追加で支払いをする必要があります。

走行距離オーバー時にちゃんと自己申告をしておけばもしもの事故の時も保険会社からの補償が受けられますが未申告だった場合は補償が受けられない場合があるので必ずしておきましょう。保険会社に電話しておくだけでいいです。

走行距離をオーバーした時の自動車保険の保険料と支払い

自動車保険(任意保険)の契約時に年間走行距離を予測して申告しますが、実際には申告した走行距離を超えてしまうことはよく有ります。

この場合は、オーバーした走行距離に合わせて自動車保険の契約を更新します。

自動車保険の契約を更新すると、増えた走行距離分を補償する保険の契約になるため、保険料の差額が生じます。保険料の差額保険料は満期を迎えるタイミングで別途、銀行振込やクレジットカード払いなどで支払うことになります。

また、翌年度はオーバーした走行距離で保険を更新することになるので確実に保険料が上がってしまいます。しかし、走行距離をオーバーした時も保険料を下げる方法があるので紹介します。

走行距離をオーバーした時に自動車保険の保険料を下げる方法

申請した走行距離をオーバーした時は、基本的に満期を迎えるタイミングで走行距離が増えたことによる保険料アップ分の差額の支払いをすることなります。

そのため本年度の保険料は高くなりますし、翌年度は去年の走行距離が申告距離をオーバーしているため保険料は高くなります。

この時に素直にアップした分の保険料を追加で支払って保険を更新すると損をします

実は保険会社によって走行距離区分が異なっていて、オーバーした走行距離の範囲は保険料が高くない範囲であることが多いのです。

走行距離をオーバーした時は保険料の安い保険会社に乗り換えるチャンス

もし走行距離をオーバーした時は、翌年の保険料は更新のタイミングで確実に上がります。そのため、そのまま同じ保険会社で契約更新をすると損をします。

保険会社は数社あり、保険会社によって走行距離区分が異なっているため、走行距離が多くても他の補償内容な条件が同じでも保険料が安い保険会社は実は多くあります

それぞれの保険会社に対して1つずつ見積りをとっても保険料を調べて比較することは可能ですがとても大変です。

今は、無料で使える自動車保険の一括見積りサービスがメジャーでこのサービスを使うと完全無料で現在加入している保険会社で契約している条件に増えた走行距離の内容で一括見積りをすると、

各保険会社からそれぞれ見積り金額が出てくるので、それを比較して保険料の安い保険会社を選ぶことで大幅に保険料を安くして、節約することが可能です。

実際にどの保険会社の保険料が安いのかかは実際に見積りをとってみないとわかりません。自動車保険の一括サービスは完全無料なので簡単に安い保険料の保険会社を探すことができます。

武中
無料の一括見積もりサービスを使って複数の保険会社に対して一括見積もりをすると事故有等級の現在の等級でどの保険会社が一番保険料が安いのかが簡単にわかります。もちろん一括見積もりサービスは完全無料で利用できます。

自動車保険をかけたい自動車の車検証と免許証があれば5分ほどで見積もり結果が算出されて返ってくるので算出された複数の自動車保険会社の保険料を比較して納得いく保険会社で契約することで大幅に保険料を節約でき安心して車にのることができます。絶対に利用したほうがいいです。

武中
無料の一括見積もりサービスを使うと保険料が保険会社ごとに分かって比較ができます。保険会社が直接算出するものなので信頼のある金額です

武中
さらに無料見積もりは何度の条件や補償内容をかえて見積りができるので簡単にいろいろな条件で保険料を調べられます。

800万人以上の人が利用して保険料を大幅に安くできている実績があります。ただほとんどの人が知らないで保険会社の言われるがまま契約している人が多いのです。各保険会社の保険料と現在の保険料との比較が簡単に無料でできるのでぜひ一度使ってみてください。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

スポンサーリンク




この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

スポンサーリンク