この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

車の購入時や乗り換え時の任意保険の開始日のベストなタイミング

自動車の購入時の任意保険の開始日のベストなタイミングは「納車日」です。

車を乗り換える時の任意保険の開始日のベストなタイミングは「乗り換えた車にはじめて乗る日」になります。このベストな保険開始日は新車の場合も中古車の場合でも同じです。

重要な事は車を運転する時に既に任意保険に加入して保険が適用されていることです。

たとえ1日だけであったら無保険でもいいと思っていたらもしも事故を起こした場合は人生を棒に振ってしまうことになる可能性があるからです。

実は納車日や車の乗り換え日の事故は大変多いため任意保険が有効になっていることを確認してから運転するようにしてください。

スポンサーリンク




車の購入時の任意保険の開始日のベストなタイミング

新車や中古車に限らず、自動車保険の任意保険の保険の開始日のベストなタイミングは「納車日」です。任意保険の開始日で大事な事は、自分が車を運転するタイミングにはすでに任意保険が適用されていることです。

車の購入時の任意保険の開始日のベストなタイミング詳細
  • 車の購入時の任意保険の開始日のベストなタイミング: 納車日

任意保険の保険開始日を例えば11日に設定して契約すると、11日のAM0:00から任意保険が適用されます。通常自動車の納車時間は日中の時間帯になるので自分が車を運転するタイミングでは任意保険は適用されている状態になっているので問題ありません。

任意保険はディーラーや自動車屋で加入すると損をする

自動車保険の任意保険はディーラーや自動車屋でも加入することができます。これはディーラーや自動車屋が保険会社の代理店でもあるからです。

しかし、ディーラーや自動車屋経由で保険に加入すると通常よりも保険料がかなり高くなってしまうので言われるがままに契約していまうと損をします。

この理由は、ディーラーや自動車屋で契約する自動車保険は代理店型保険なので代理店手数料である人件費や店舗費用が上乗せされているからです。

ディーラーの自動車保険が高い理由と保険料を安くできる1つの方法

実際にディーラーで加入する代理店型の自動車保険と無料の自動車保険一括見積りで通販型(ダイレクト型)の自動車保険を全く同じ補償内容と条件で見積もりをして比較をするとディーラーで加入する代理店型自動車保険が3割~5割程度高くなることがわかります。

車種 代理店型 通販型 差額 保険会社
プリウス 73,780円 52,340円 21,440円 イーデザイン損保
ハイエース 86,180円 53,620円 32,560円 三井住友海上
N-BOX 57,350円 31,640円 25,710円 SBI損保

このように全く同じ条件と補償内容であってもディーラーで自動車保険委加入すると保険料は必ず高くなり、保険料が高くなることを避けることはできません。

車の乗り換え時や入れ替え時の任意保険の開始日のベストなタイミング

車の乗り換えや入れ替え時の、自動車保険の任意保険の保険の開始日のベストなタイミングは「納車日」です。

車の入れ替え時の任意保険の開始日のベストなタイミング詳細
  • 車の入れ替え時の任意保険の開始日のベストなタイミング: 車を初めて運転する日(納車される場合は納車日)

任意保険の開始日で大事な事は、自分が車を運転するタイミングにはすでに任意保険が適用されているようにすることです。

任意保険の保険開始日は90日前から申し込みが可能

自動車保険の任意保険の契約は、保険の開始日より90日前から契約や申し込みが可能です。

そのため、納車日が分かっていてたら早めから任意保険を契約しておくと直前になって焦らなくて済みます。

また、納車日が決まっていたら事前に無料で使える自動車保険の一括見積りで保険料が安い保険会社を探して選ぶことができるので無駄な保険料を払うことがなくなり保険料を節約することができます。

自動車保険の任意保険の見積りや契約に必要な書類

自動車保険(任意保険)の保険料の見積もりや申し込みに必要な書類は下記になります。

自動車保険(任意保険)の保険料の見積もりや申し込みに必要な書類
  • 自分や家族の名義変更済みの車検証(車検証のコピー可)
  • 現在契約中の保険会社の保険証券(保険に加入している場合)

車検証は車の納車前の場合は自分の名義になった車検証が手元にありません。

納車前であっても納車の7日〜14日前には車検証はすでに準備済みとなっているので、車検証が出来上がったら、ディーラーや自動車屋にコピーを送ってもらうようにすれば問題ありません。

車検証のコピーがあれば手元に自動車がなくても自動車保険の任意保険は問題なく契約できます。もちろん車の入れ替えの手続きも車検証のコピーで可能です。

自動車保険の見積りと任意保険への加入は車検車が必要

自動車保険(任意保険)の見積りと任意保険の契約(加入)は車検証があれば手続きができます。

保険会社を乗り換える場合や保険料の安い保険会社を探す時は現在加入している保険証券があれば見積りをする時に現在契約中の保険の補償内容や付帯している特約が記載されているのでスムーズに見積りができます。

新車の場合の納車前の車検証の入手方法

任意保険に加入する車が新車の場合は、納車の7日〜14日前には車検証はすでに準備済みとなっているので「車検証が出来上がったらコピーを郵送かFAXしてほしい」と伝えておけば事前に任意保険の見積りや申し込み契約をすることが可能です。

保険の開始日を納車日に設定するので納車日をきちんと確定しておくことが重要です。

中古車の場合の納車前の車検証の入手方法

中古車の場合は、自分の名義に変わっていない車検証であっても任意保険の見積りと申し込み契約が可能です。

自分名義でない車検証や自動車屋名義や前所有者名義の車検証でいいのでコピーをもらっておけば事前に任意保険の見積りや申し込み契約をすることが可能です。

保険の開始日を納車日(自分がはじめて車を運転する日)に設定するので納車日をきちんと確定しておくことが重要です。

車の購入時や乗り換え時の任意保険の開始日のベストなタイミングまとめ

いかがでしたか?自動車保険の任意保険に加入するベストなタイミングは新車でも中古車でも「納車日」または「車を初めて運転する日」です。

自動車保険の任意保険の保険料の見積りと契約は納車日の90日前から出来るので車検証のコピーを入手して納得できるまで保険料と補償内容のよい保険会社を無料の一括見積りを活用して探すと最大限保険料を節約しつつ充実した補償内容で任意保険に加入することができます。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

スポンサーリンク




この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

スポンサーリンク