Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【保存版】車両保険は必要?不要?必要性と中古車や新車、軽自動車の場合など詳しく解説!

車両保険があると車が事故にあったときや自損事故の場合、当て逃げされた時であっても修理代が支払われます。しかし、車両保険をつけると保険料が高くなります。

ここでは中古車や新車の場合、軽自動車や高級車の場合などケースごとに車両保険をつける必要があるか、車両保険の必要性や新車から何年の自動車まで車両保険をつけたほうがいいかなど詳しく解説します。

車両保険は必要なものや必要なパターンまとめ

  1. 車の市場価値が高いクルマの場合
  2. 新車の場合
  3. 中古車の購入金額が100万円を超えている場合
  4. 車両価格の3割以上のローンが残っている場合
  5. 車が無いと生活できないようか環境にある場合

車の市場価値が高いクルマの場合、新車など

事故時に車両保険で支払われる補償金額は自動車を契約した時に車両の時価相当額(時価額)によって決まります。これは車種や年式によって補償金額が決まっていて年々減価償却があるので補償金額は安くなっていきます。

新車で購入したばっかりだったり、新車で購入してまだ数年しか立っていなかったりgooネットやカーセンサーなどの市場の販売価格が下がっていなかれば市場価値が高いクルマと判断できます。そのような場合は車両保険はつけておいたほうがいいでしょう。

逆に私はたとえば車の購入金額が30万円以下などの場合であれば車両保険をつけなくてもいいとアドバイスしています。なぜなら購入金額が低い車は年式が古かったり走行距離が多かったりして補償額が低くなることが多いからです。

車両保険に入らずにその分を貯金しておくことで事故をした時に貯金を使って乗り換えた方が車両保険に加入しているよりも安くなることがあるからです。

このような場合は車両保険は不要です。

中古車の購入金額が100万円を超えている場合

中古車の購入金額は100万円を超えている場合は車両保険をつけておいたほうがいいです。100万円というのは中古車の中でもそれなりに市場価値のある車のため、補償としてうけられる金額が多くなるからです。

軽自動車の場合も同じで新車にかぎらず中古車での購入金額が高い場合は車両保険はつけておいたほうがいいです。

車両価格の3割以上のローンが残っている場合

自動車を購入する時はローンを組む場合も多いです。もし車両価格の3割以上の金額がローンで残っていれば車両保険はつけておいたほうがいいです。

なぜなら事故をして車を入れ替える場合はローンを完済してから乗り換えることになるからです。もし車両保険に入っていないと一括で払う金額が大きくてとても払えない可能性がありますが車両保険に加入していればその補償金額をローンの支払いに充当することができるので車両保険があると助かります。

事故を起こした時に車両保険に入っていなかったばっかりに多額のローンが残ることはよくありとても悲惨な結果になるので注意しましょう。

車が無いと生活できないような環境にある場合

車両保険に入っていると、もし車が事故にあって乗り換えなければならなくなった場合でもその補償金額で車の修理や車両の購入費用に回せるからです。

事故で車を乗り換えるまで代車を借りたりするとけっこうな自己負担額になったり廃車にするばあいでもスクラップ代がかかってきますので車両保険があえればだいぶ助かります。

新車や新しく車を購入した場合は車両保険を検討する

新車や購入金額が高い中古車を購入した場合は迷わず車両保険はつけておくことがおすすめです。

こららの車がもし事故にあったり盗難や当て逃げにあったり天災や台風、飛び石にあった場合は車両保険に加入していなければ補償はゼロで自分ですべてお金を出して乗り換えなければなりません。とくに高級車の場合は車両保険は必須です。

今は車両を保険を含めて複数の保険会社に対して無料保険料を一括で見積もり&比較ができるサービスがメジャーです。

このサービスを使うことで簡単に車両保険ありと車両保険なしの場合の保険料が算出でき、複数の保険会社と同一条件で保険料の比較ができるので必ず利用したほうが無駄な保険料を払わないで済みます。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)