この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【重要】車検切れで事故をした場合は任意保険で補償される?詳細

車検切れに気が付かないで運転中に事故を起こした場合は自動車保険(任意保険・車両保険)や自賠責保険で補償されるのか気になるかと思います。

結論から先に書くと、車検切れの自動車で事故を起こした場合は、自動車保険(任意保険・車両保険)では補償されません

自動車保険の有効期限が残っていた場合でも車検切れの自動車やバイクでの事故は補償の対象外となり一切補償金は支払われません

自賠責保険の有効期限が残っていた場合は自賠責保険からは補償されますが、通常自賠責保険は車検の有効期限と一致しているので車検切れの場合は自賠責保険の有効期限も切れていることになります。

武中
自動車に乗る時は車検と自賠責保険、任意保険の有効期限が切れていないことを確認してから乗るようにしましょう。

もし事故をしてしまった場合は人生を棒に振ることになります。

スポンサーリンク




車検切れで事故をした場合は任意保険で補償されない

車検が切れている状態で運転をして事故を起こしてしまうと自動車保険(任意保険・車両保険)での補償は一切受けられません。

車検切れに気が付かないで運転をして事故をした場合でも、車検切れを知っていて運転をして事故をした場合でも等しく補償は受けられません。

ただし自賠責保険の有効期限が残っていれば自賠責保険での補償が受けられる場合はあります。

自賠責保険に加入していた場合は補償されるが補償金が不足する

通常自動車保険には大きく分けで2つの自動車保険があります。

  • 自賠責保険(強制保険)
  • 自動車保険(任意保険・車両保険)

この2つは全く別物で、もし自動車保険(任意保険・車両保険)の有効期限が切れている場合でも自賠責保険(強制保険)の有効期限が残っていた場合はこちらの保険が使えます。

ただし自賠責保険は対人事故のみ補償され対物事故に関しては一切補償がないので注意が必要です。

自賠責保険は対人事故の場合は補償金がおりますがほとんどの場合が補償金不足でもし自賠責保険だけしか加入していなければ数百万円〜数億円実費で補償することになります。

通常死亡させた場合は数億円の慰謝料を要求されるので3000万円の補償額だと全く不足することになります。不足分は実費なので簡単に人生を棒に振る状況になってしまいまいますし実際になっている人が多くいます。

対人補償 物損補償
傷害 120万円
(治療費/休業補償/慰謝料)
補償なし
死亡時 3,000万円
(逸失利益/治療費/慰謝料/葬儀費用)
後遺障害時 4,000万円
(逸失利益/治療費)
武中
自賠責保険の補償内容は上記のとおりですが全く補償金額が足りません。

そのため任意保険の加入が必須となってくるわけです。任意保険に加入していた場合は対人事故も補償されますし、対人事故、対物事故問わず自賠責での不足金額はすべて任意保険で補償されます。

車検切れ状態は任意保険も自賠責保険も切れている

通常自賠責保険は車検の有効期限と合わせて加入します。

そのため車検の有効期限が切れている場合は自賠責保険の有効期限も切れています。任意保険も同じです。

ただし1つだけ例外があり通常自賠責保険の加入期間は車検の有効期限と合わせて24ヶ月(2年)ですが25ヶ月期間の有効期限という加入方法ができます。

もし25ヶ月で加入していて車検切れから1ヶ月以内の事故であれば自賠責保険から補償を受けることができることがあります。

武中
このようなケースは稀で、通常車検の有効期限が切れていたら自賠責保険の有効期限も切れているのであまり期待してはいけません。

車検切れで公道を走行すると罰則がある

車検が切れて事故をした場合は保険会社から補償を受けられないだけでなく、

車検切れで公道を走行したことによる罰則と自賠切れによる罰則の2つがあります。

車検切れで公道を走行にしたことに対する罰則

  1. 6カ月以下の懲役又は20万円以下の罰金
  2. 罰則6点減点

自賠責保険切れで公道を走行したことに対する罰則

  1. 6カ月以下の懲役又は5万円以下の罰金
  2. 罰則6点減点

このように車検切れで公道を走行すると減点が12点と高い罰金が待っています。減点数が多いのでもし他に軽微な交通違反などで減点されていると免許取り消しとなります。

安い任意保険でいいので必ず加入しておくことが大切

このように車検切れや自賠責保険切れ、任意保険切れで公道を走行して事故をすると取り返しの付かないことになってしまいます。

そのため車検や自賠責保険の有効期限を確認しておくことはもちろんですが、安い任意保険でもいいので加入しておくことが大切です。

今自動車保険に加入する人のほとんどが使用している無料で使える自動車保険の一括見積もりサービスを利用することで一番保険料が安い保険会社を調べて加入することができます。

無料の自動車保険一括見積もり比較サービスを使って複数の保険会社から保険料の見積もりがでてきて比較ができるので2割〜5割程度保険料を安くすることができます。

知らない人が高い保険料を払っているのが現実で賢い人は上手くこのサービスを利用して節約していますし新規で加入する時でもいきなり5割程度割引された保険料からスタートすることもあります。

保険料は保険会社によって大幅に変わるので、少し手間ではありますがこの方法を利用することで何度か見積もりをして条件を絞っていくことで保険料を大幅に安くすることができるので安い保険でもいいので加入しておくことを強くおすすめします。

条件を絞っていくと自動車保険(任意保険・車両保険)の保険料はかなり安くできます。

武中
この一括見積もりサービスは無料で使えるので使わないのはもったいないです。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

スポンサーリンク




この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

スポンサーリンク