この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【重要】車検証の所有者と任意保険の契約者は違っても契約できる?

車検証の所有者や使用者の名義と自動車保険の任意保険の契約者や被保険者の名義が違っても契約ができます。事故の時の補償と保険金の支払いも問題ありません。

自動車保険は通常、「保険契約者=記名被保険者」となりますが、子供や親や家族が所有する車を運転する場合もあるので自動車保険の契約者である保険契約者と主に自動車に乗る人の記名被保険者が同じでなくても事故の時に補償が受けられて、保険金も支払われるようになっています。

スポンサーリンク




車検証の所有者と任意保険の契約者は違っても契約できる

車検証に記載されている所有者と任意保険の契約者の名義は違っていても問題なく契約できます。たとえば、家族が保険を契約する場合やローンを組んだ人が任意保険を契約する場合にはこれができないと任意保険が契約できないからです。

そのため車検証の所有者が違っても契約可能です。

自動車と自動車保険の3つの名義
  • 保険契約者の名義: 任意保険を契約して保険料を払う人
  • 記名被保険者の名義: 主にその自動車を運転する人
  • 車両所有者: 車を所有していて車検証に記載されている人

夫名義の車を妻が主に運転する場合

家族で1台の自動車を共有して利用する場合などはよくありますが、夫名義の車だけど主に妻が運転する場合は、保険の名義(記名被保険者の名義)を妻にしますが、問題なく自動車保険任意保険を契約することが可能です。

家族名義の車を子供が運転する場合

子供が免許を取って親などの家族名義の車を譲るというケースはよくあります。

この場合は自動車の名義を子供名義に変更して、任意保険の名義も子供名義にしても契約できますし、自動車の名義は親や家族名義のままで、任意保険の名義を子供名義にした場合でも契約できます。

結論として自動車の名義と自動車保険の名義が違っていても問題なく契約できる。ということです。家族名義の車を子供が運転する場合は、自動車保険の契約内容が自動車を運転する人の年齢すべてをカバーできる年齢条件にしてあることが一番重要です。

【必見】子供が車を購入する時に自動車保険を安くする方法裏技まとめ

自動車保険の保険料は記名被保険者が基準となって決定される

自動車保険の任意保険の契約には、「保険契約者の名義」「車両所有者」「記名被保険者の名義」の3つがあることを説明しました。

では自動車保険保険料はどの名義を基準に決まるのかが気になるかと思います。

自動車保険の保険料が決まるのは「記名被保険者」基準で決まります。

「記名被保険者」は車を主に運転する人ですが、必ずしも車を主に運転する人にする必要はありません。また、契約者と同一でなくても問題ありません。

「記名被保険者」を誰にするかによって実は保険料は変わります。たとえば免許の色がゴールドの人とブルーの人がいる場合は、免除の色がゴールドの人を「記名被保険者」にしたほうが割引率が高くなるので保険料は安くなります。

保険料の安い自動車保険会社で契約する方法

自動車保険の任意保険は自動車の車検証の所有者(名義)と任意保険の名義が違っても問題無いことを説明しました。次は実際にどの自動車保険会社を選んだたいいのか?と思うと思います。

大前提として、自動車保険の任意保険が安くなる条件は、ダイレクト型(通販型)自動車保険を選ぶことと、保険料の安い保険会社を選ぶことで新規契約や新規加入であっても最初から保険会社の中で一番保険料の安い状態で任意保険をかけることができます。

自動車保険はインターネット経由で保険会社に直接申し込む通販型(ダイレクト型)と代理店を経由して保険会社に申し込む方法の2つの方法があります。

通販型(ダイレクト型)保険のほうが保険料は大幅に安くなります。事故時の対応は直接保険会社とやり取りをするので同じです。

これは通販型(ダイレクト型)自動車保険は保険会社と保険の加入者が直接契約をするので「人件費」と「保険会社から代理店への中間マージン」が発生しないので保険料が安くなるからです。

ダイレクト型(通販型)は代理店型とくらべて保険料が2割〜5割程度安くなります。

任意保険はネット申し込みでの方法が一番保険料が安いという話

ダイレクト型自動車保険で保険料の安い保険会社を探すのにベストな方法は、自動車保険の一括見積もりサービスを利用することです。

今の自動車保険はリスク細分型自動車保険といわれていて、事故のリスクに応じて保険料が決定される仕組みが採用されています。

武中
多くの保険会社がありますが、保険会社によって保険料が違うのは保険会社によって同じ保険の条件や補償内容であっても保険会社によって等級や年齢や用途や車種に対するリスクの考え方が異なるためです。

自動車保険の一括見積もりサービスは保険会社1社に保険料を見積もりをするのと同じ手間で複数の保険会社から見積もりを取ることができ、保険会社間で保険料を比較することができるので断然お得になります。

また、何度補償内容や特約の内容などを変更して見積もりをしても完全無料で利用できるので自分にあった保険を探すことができます。800万人以上の人が利用して保険料を大幅に安くできている実績があります。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

スポンサーリンク




この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

スポンサーリンク