Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

軽い事故なら自動車保険を使わないほうが得になる?損になる?等級の仕組みと保険料値上げや車の修理、示談まとめ

修理費用が少額な軽い自損事故や物損事故の場合は自動車保険を使うか使わないかを悩むと思います。

結論を先に書くと、自動車保険を使うと軽度な事故で1等級、通常の事故で3等級さがるので保険料が上がります。そのため保険料アップによって支払う保険料の増額分が大きくなる場合は、保険を使わないで実費で修理する方法の方がお得(節約)になる場合があります。

修理代の方が保険料アップによって支払う保険料の増額分よりも大きい場合は保険を使った方がお得(無駄がない)になります。

軽い事故なら自動車保険を使わないほうが得になる?損になる?

軽い事故(軽度事故)であれば自動車保険を使わないほうが損をしない場合があります。

事故によって保険を使うと軽い事故で1等級、普通の事故で3等級ダウンします。

自損事故や物損事故は3等級ダウン事故で、事故有等級となり3年間適用されます。そのため保険料があがるため、値上げされる保険料と修理費用を比較して、自動車保険を使うか使わないかを判断しましょう。

自動車保険を使うと損になるケース

  • 値上げされる保険料 > 修理費用

軽度な事故であれば修理費用が安い場合があり値上げさえる保険料のほうが高くなる場合があります。この場合は自動車保険を使わないで実費で修理費用を出したほうが得になる(損にならない)ことがあります。

自動車保険を使わないと損になるケース

  • 値上げされる保険料 < 修理費用

軽度な事故ではない物損事故や自損事故の場合で、修理費用が値上げされる保険料よりも高くなる場合があります。ほとんどの場合はこちらのケースです。この場合は保険を使って修理費用を補償してもらったほうが得に(損にならない)なります。

等級の仕組みと保険料値上げの仕組み

自動車保険の等級は新規で加入した時は、6等級からスタートします。

1年間事故を起こさなければ毎年1等級ずつ上がっていって最高で20等級になります。どの保険会社も等級によっ保険料の割引が適用されるので7等級から20等級であれば割引きされます。

等級による割引率はけっこう大きく1年無事故であれば1等級ずつ毎年上がり割引きが適用されますが、事故を起こして保険を使うと1回の事故で3等級ダウンします。また、軽い事故の場合は1等級ダウンします。

等級

割引率

等級

割引率

1

52%割増

11

40%割引

2

26%割増

12

44%割引

3

10%割増

13

47%割引

4

1%割引

14

50%割引

5

10%割引

15

52%割引

6

10%割引

16

55%割引

7

23%割引

17

57%割引

8

28%割引

18

59%割引

9

33%割引

19

61%割引

10

37%割引

20

63%割引

6等級からスタートですが1〜5等級だと自動車保険を使用してその等級になっているので事故を起こしたペナルティとして保険料は割増になります。

事故で保険を使わないほうが良いパターンと判断方法

事故を起こした時に自動車保険を使うか使わないかを判断するのは保険を使った場合に値上げされる保険料と修理費用を比較してどちらが安いかで判断します。

「値上げされる保険料 > 修理費用」であれば保険を使わないほうが得をしますし、

「値上げされる保険料 < 修理費用」であれば保険を使わないと損をします。

比較する保険料には注意が必要で下記の内容で比較します。

  • 保険を使った場合の保険料
  • 保険を使わなかった場合の保険料

自動車保険は事故を起こしても保険を使わなければ(保険料の請求をしなければ)等級は翌年度は1等級アップして割引率があがります。もし保険を使うと3等級ダウンまたは軽度な事故で1等級ダウンするので割引率が下がり保険料があがります。

事故を起こしたら事故有等級となり割引率が変わる

3等級ダウン事故であれば翌年度から3年間は「事故あり係数」が適用されます。1等級ダウン事故なら1年間適用されます。1年間に2回3等級ダウン事故を起こした場合は6年間「事故有り係数」が適用されます。

事故有等級になった翌年度以降無事故で過ごせば1年ごとに適用期間が短縮されて3年で通常の「無事故等級」に戻ります。軽度の事故であれば1年で通常の「無事故等級」に戻ります。

事故で保険を使う場合は事故有等級で計算する

等級 無事故 事故有
1等級 +64%
2等級 +28%
3等級 +12%
4等級 △2%
5等級 △13%
6等級(F) △19%
7等級(F) △30% △20%
8等級 △40% △21%
9等級 △43% △22%
10等級 △45% △23%
11等級 △47% △25%
12等級 △48% △27%
13等級 △49% △29%
14等級 △50% △31%
15等級 △51% △33%
16等級 △52% △36%
17等級 △53% △38%
18等級 △54% △40%
19等級 △55% △42%
20等級 △63% △44%

※表の「+」は割増を「△」は割引を表しています。

6等級(F)、7等級(F)は継続契約者の意味の(F)になります。6等級、7等級は新規で保険に加入する人もこの等級があり継続契約者とは割引率が異なります。6F等級・7F等級の「F」は「新規契約か継続契約か」を区別するためだけに使用されます。

7等級にも(F)付きがあるのはセカンドカー割引制度を使って新規契約者でも最初から7等級スタートできるからです。

保険使用の判断は修理見積金額を聞いてからでも可能

保険を使うかどうかの判断は実際に修理費用の見積もりが出てきてからでないと判断できません。なぜならその修理費用が値上げされる保険料より高いのか安いのかがわからないからです。

保険を使うか使わないかを保険会社に回答するのは修理費用の見積もりがでてきて金額が確定してから決めることができます。

また、保険会社にその修理費用が値上げされる保険料とどちらが高くなるのか試算を依頼すると計算もしてくれます。

自動車保険を使う場合でも保険料を安くする方法

もし、値上げされる保険料 < 修理費用となり自動車保険を使うと決めた場合は保険料が高くなります。しかし保険料は少し工夫をするだけで大幅に安くでき、保険を使った場合でも保険を使わなかった場合と同じかそれより安い保険料にすることができます。

結論を先に書くと、保険料が安い自動車保険に乗り換えることです。

今自動車保険に加入する人のほとんどが使用している無料で使える自動車保険の一括見積もりサービスを利用することで事故を起こして等級がダウンした状態で一番保険料が安い保険会社を調べて乗り換えることができます。

同じ条件でも保険料は保険会社によって大幅に変わるので、少し手間ではありますがこの方法を利用することで事故をしなかった場合と同じかそれ以下の保険料にすることができます。無料で使えるので使わないのはもったいないです。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)