この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【保存版】軽自動車で自動車保険(任意保険)を安くする方法まとめ!

自動車の維持費の中で大きな割合を占めるのが自動車保険(任意保険)です。自動車保険の価格帯は大まかに排気量で決まっています。

そのため自動車保険(任意保険)を安くしたいという場合には普通自動車(普通車)よりも排気量が少ない軽自動車にすることで大幅に保険料を安く節約することができます。また無料の一括見積もりサービスを使うことで最安値で自動車保険を契約できます。

ちなみに軽自動車は四輪の排気量660cc以下の自動車だけなく125cc〜250ccの二輪車(バイク)も含まれます。二輪車の場合も250cc以上の車種と比べて保険料は安くなります。自動車保険を安くしたい場合は普通車から軽自動車に乗り換えるだけで安くすることができます。

スポンサーリンク




軽自動車は自動車保険(任意保険)が普通車よりも安い

軽自動車は排気量が普通車とくらべて少ないため排気量の大きい普通自動車と比べて自動車保険(任意保険)の保険料金は大幅に安くなります。実は現在日本で登録されている車全体の40%が軽自動車になっておりこの維持費の安さから爆発的な人気となっています。

対人対物賠償保険無制限、搭乗者傷害保険1000万円、人身傷害補償保険3000万円、35歳以上、ゴールド免許、13等級の同条件で比較した場合下記のようになります。

  • ホンダN-BOX(軽自動車)の場合: 35,500円
  • ダイハツタント(軽自動車)の場合: 35,500円
  • プリウス(普通車)の場合: 76,650円

このように軽自動車は普通車と比べて大幅に自動車保険(任意保険)の保険料金が安くなるようになっています。

軽自動車には車両率クラスがないから車種で保険料が変わらない

自動車保険(任意保険)には車種によって保険証が変わる「車両率クラス」というものがあります。高級外車やスポーツタイプの車は保険料が高くなりますし、ファミリーカーだと保険料が安くなるように設定されています。

この「車両率クラス」は普通車の場合のみ設定されていて軽自動車に「車両率クラス」はありません。軽自動車であればどの車種を選んでも保険の条件(補償額や年齢、免許の色など)が同じであればどの車種であっても保険料は同じになります。ただし自動ブレーキや横滑り防止装置、エアバックやABSなどの安全装備が車種によって異なる場合は保険料が若干変化します。

そのため車を乗り換えるスパンが短い人やいろいろな車に乗りたいからは軽自動車を選んで定期的に乗り換えてカーライフを楽しんでいる方もいます。

軽自動車と普通車の自賠責保険の料金はほとんど同じ

自動車保険には自分で任意で加入する自動車保険(任意保険)と強制的に加入しないといけない自賠責保険(強制保険)の2つがあります。

自動車保険(任意保険)の料金が軽自動車と普通車と大きく異なるため自賠責保険の価格も変わるかと思いますが実は自賠責保険の料金は軽自動車も普通車もほとんど同じです。1年間あたりの保険料で比較すると380円分軽自動車のほうが安くなっています。

  • 普通自動車: 24カ月:25,830円(1年間あたり12,915円)
  • 軽自動車: 24カ月:25,070円(1年間あたり12,535円)

自賠責保険(強制保険)は普通車も軽自動車も料金はほとんど変わらないので保険料を安くしたい場合は自動車保険(任意保険)のほうで節約しましょう。

自動車保険の一括無料査定サービスがあるのでこちらを使うと最安の自動車保険の料金で車を維持していくことが可能です。

自動車保険の無料一括見積もりサービスを使うと保険料を安くできる

自動車保険には、多くの保険会社がありますが保険会社によって同じ保険の条件や補償内容であっても保険会社によって等級や年齢や、仕様用途や車種に対するリスクの考え方が異なるため保険料は大きく異なります。

武中
「車両率クラス」がない軽自動車でも保険会社によって保険料の差は2倍以上あることは普通です。

無料で使える自動車保険の一括見積もりサービスを利用することで、最安で無駄なく弁護士費用特約付きの自動車保険に加入したり乗り換えることができます。

自動車の車検証と免許証があれば5分ほどで見積もり結果が算出されて返ってくるので算出された複数の自動車保険会社の保険料を比較して納得いく保険会社で契約することで

大幅に保険料を節約でき安心して車にのることができます。絶対に利用したほうがいいです。

無料で使えるので一括見積もりサービスを使わないのはもったいないです。

何度も条件を変更して見積もりをしても完全無料なので納得するまで徹底的に見積もりをして比較をすると保険の条件を充実させながら保険料を安くすることができます。

800万人以上の人が利用して保険料を大幅に安くできている実績があります。

同じ条件で見積もっているので保険料が安い保険会社の保険がお得になります。この一括見積もりでの算出結果は保険会社が直接算出するものなのでその金額で実際に乗り換えることができます。

事故で等級が下がって保険料が上がった場合でも、そのまま継続すると保険料は高くなったままですが、同じ保険の条件で保険料の安い保険会社に乗り換えることで前の保険料よりも安くすることができます。完全無料なので一度試してみてください。

武中
今契約している保険会社が実は他の保険会社よりも大幅に保険料が高かったということにも気がつけます。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

スポンサーリンク




この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

スポンサーリンク