この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【保存版】軽自動車の保険料相場と保険料を確実に安くする5つの方法

軽自動車の保険料は普通自動車と比べて年間3万円〜5万円ほど安くなります。

軽自動車の保険料の相場は1万5千円〜20万円となっていて条件や保険会社によって大幅に異なるので実際に見積もってみないとわかりません。

軽自動車の保険料を安くする方法は1.複数の保険会社で見積りをして比較する 2.運転者を「本人限定」または「家族限定」にする 3.保険料を1年分一括で支払う 4.保険料の安い保険会社に乗り換える 5.満期日の3ヶ月以上前から保険を契約する。の5つです。

軽自動車の保険料が普通自動車とくらべて安い理由は「事故リスクが低いと考えられている」「車両料率クラスがない(車種に関係なく保険料が同じ)」からです。

実際の軽自動車の保険料は一人一人異なるため、実施に無料で使える自動車保険の一括見積りを使うことであなたの保険料を調べて保険会社ごとに比較することができます。

スポンサーリンク




軽自動車の自動車保険(任意保険)の保険料の相場

軽自動車の自動車保険(任意保険)の保険料の相場は、普通自動車(普通車)と比べて安くなっています。

基本的に軽自動車の保険料は普通自動車と比べて安く月額3000円〜5000円程度になります

自動車保険の保険料は一人ひとり異なるため実際の保険料は見積りをしないとわかりません。

軽自動車は普通車と違って車種による保険料の違いがありません。そのためどの車に乗っていても大きな保険料の差がでにくく、保険会社による保険料の違いが一番大きいくらいです。

軽自動車の保険料が普通自動車よりも安い理由

軽自動車の保険料が普通車よりも安くなる理由
  • 軽自動車には普通車にある「車両料率クラス」が存在しない(車種関係なく一律)
  • 軽自動車は普通車と比べて「事故のリスクが低い」とされている
  • 軽自動車は普通車と比べて自賠責保険の保険料も安く設定されている

軽自動車には普通車にある「車両料率クラス」が存在しない

普通自動車は車種によってリスクが異なるとされていて車種別の事故リスクによって保険料異なる仕組みの「車両料率クラス」というものが採用されています。

簡単に説明をすると事故が多く保険料の支払いが多い車種の保険料が高くなるように設定されています。

軽自動車の車種別の保険料
  • 軽自動車の任意保険の保険料は車種に関係無く一律料金

軽自動車には普通自動車にある「車両料率クラス」がないため、どの車種であっても保険料は一律料金です。そのため車を乗り換えた場合も保険料は変わりませんし、ワゴンタイプの車であってもスポーツタイプの車であっても車種以外の他の条件が同じであれば保険料は同じになります。

軽自動車は保険料だけでなく車の維持費全てが安い

軽自動車は任意保険の保険料も安いですが、自賠責保険や自動車税、車検費用、タイヤなどの費用も安くなります。

 項目 普通車(普通自動車) 軽自動車
自賠責保険(2年に1回) ¥29,000 ¥27,500
任意保険(1年更新) ¥35,000〜¥250,000 ¥15,000〜¥200,000
車検経費(2年に1回) ¥60,000〜70,000 ¥30,000〜¥40,000
自動車税 ¥34,500 ¥7,200
軽自動車と普通車の差額: 年間4万円以上

普通車(普通自動車)と軽自動車は全体的に維持費全てが安いです。

特に自動車税と任意保険の金額は大きく異なり、年間で5万円以上軽自動車の方が維持費が安くなります。

軽自動車の任意保険の保険料を安くする5つの方法

軽自動車の保険料を安くする方法はいくつかありますが以下の5つの方法は軽自動車の保険料を下げて節約するのに効果的な方法です。

軽自動車の任意保険を安くする5つの方法

1.複数の保険会社で見積りをして比較する

2.運転者を「本人限定」または「家族限定」にする

3.保険料を1年分一括で支払う

4.保険料の安い保険会社に乗り換える

5.満期日の3ヶ月以上前から保険を契約する

一番効果が高いのは複数の保険会社の見積りをとっても保険料の安い保険会社で契約することと、現在、自動車保険(任意保険)に加入している場合は、保険料の安い保険会社に乗り換えると大幅に保険料を安くすることができます。

運転者の範囲を「限定なし」ではなく「本人限定」や「家族限定」にすることで事故のリスクは低いと判断されるので保険料は安くなります。

また、保険の満期日よりも3ヶ月以上早い時期に手続きをすること割引が適用されます。

自動車保険の「運転者限定」の補償範囲と割引率

自動車保険の家族限定(運転者家族限定特約)は運転者限定特約の一部です。

自動車保険の任意保険や車両保険の運転者限定特約のすべては下記のとおりです。

運転者限定 補償範囲に含まれる人 割引率
本人限定 記名被保険者本人のみ 8%
夫婦限定 記名被保険者本人とその配偶者 7%
家族限定 記名被保険者本人とその配偶者と同居の家族 1%
限定無し 別居の家族や既婚の子、友人、知人などすべての人が対象 無し

一括見積りを使うと自動車保険の保険料を安くできる

いかがでしたか?自動車保険の任意保険の保険料を下げて節約する方法はいろいろありますが、一番効果が高いのが保険料の安い保険会社に乗り換えることです。

ほとんどの場合、現在の保険会社の保険料よりも同じ等級や条件、補償内容であっても一括見積りで探した保険料の安い保険会社の方が安くなります。

とくに代理店を使って保険を契約している場合は大幅に保険料を下げることができます。

保険料が高い!安くしたい、節約したい!と思ったタイミングは保険を見直すよいタイミングなので自動車保険の一括見積をして複数の保険会社の保険料を比較をして保険を見直してみるのがおすすめです。

ぺんぺん
なんで保険会社によって保険料が変わるの〜!?
武中
自動車保険には、多くの保険会社がありますが保険会社によって保険料が違うのは保険会社によって同じ保険の条件や補償内容であっても保険会社によって等級や年齢や、仕様用途や車種に対するリスクの考え方が異なるためです。

そのため、複数の保険会社に見積りをとった結果から安い保険料の保険会社を選択することで使用目的を変更しても大幅に保険料を安くできます。自動車保険の一括サービスは完全無料なので簡単に安い保険料の保険会社を探すことができます。

ぺんぺん
一括見積りサービスって利用料は有料〜!?
武中
無料の一括見積もりサービスを使って複数の保険会社に対して一括見積もりをするとどの保険会社が一番保険料が安いのかが簡単にわかります。もちろん一括見積もりサービスは完全無料で何度でも利用できます。

自動車保険をかけたい自動車の車検証と免許証があれば5分の入力で見積もり結果が算出されて返ってくるので算出された複数の自動車保険会社の保険料を比較して納得いく保険会社で契約することで大幅に保険料を節約でき安心して車にのることができます。また、車両保険や特約の有無で見積りを取ることで保険料の違いが自宅にいながらスマホやパソコン上から簡単にできてしまいます。

ぺんぺん
一括見積サービスで出てきた金額って実際の保険料として信頼できる金額なの〜!?
武中
無料の一括見積もりサービスを使うと保険料が保険会社ごとに分かって比較ができます。保険会社が直接算出するものなので信頼のある金額です

800万人以上の人が利用して保険料を大幅に安くできている実績があります。ただほとんどの人が知らないで保険会社の言われるがまま契約している人が多いのです。各保険会社の保険料と現在の保険料との比較がそれぞれに使用目的ごとに簡単に無料でできるのでぜひ一度使ってみてください。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

スポンサーリンク




この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

スポンサーリンク