この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

20等級の人は長期優良契約割引がある保険会社だと保険料が安くなる

長期間に渡り事故を起こしておらず20等級のドライバーは「長期優良契約割引」がある保険会社を選ぶことで自動車保険(任意保険)の保険料が最大で10%割引されます。

「長期優良契約割引」が適用される条件

前年度契約時点および、本年度保険契約時点で等級が20等級で、前年度に事故などで自動車保険(任意保険)を使っていないこと

この条件に一致した場合は「長期優良契約割引」の割引が適用されます。

ただし、「長期優良契約割引」は保険会社によって特約として用意されている保険会社と存在しない保険会社があるので「長期優良契約割引」がある自動車保険会社を選んでいることが前提条件です。

スポンサーリンク




「長期優良契約割引」とは?「長期優良契約割引」の詳細

「長期優良契約割引」は前年度契約時点および、本年度保険契約時点で等級が20等級で、前年度に事故で保険を使っていない場合は、本年度の保険料を割引する制度です。

自動車保険(任意保険)の等級は一番高い等級が20等級なのでそれ以上の等級は存在しません。本来1年間無事故で自動車保険を使わなかかった場合は翌年度は1等級アップしますが、すでに20等級の人はそれ以上等級がアップしません

等級がアップしないということはそれ以上保険料が安くならないということです。

しかし、「長期優良契約割引」がある保険会社だと20等級の人が1年間無事故であった場合は保険会社によって最大10%の保険料の割引が受けられるので20等級であっても保険料が安くなります。

また、「長期優良契約割引」は自動車保険の複数年契約と組み合わせて一括払いすることで割引を最大限適用することができます。

【保存版】自動車保険の複数年契約の保険料とメリットとデメリット

各保険会社の「長期優良契約割引」の割引率まとめ

「長期優良契約割引」は対応している保険会社と未対応の保険会社があり、自動車保険会社によって割引率も異なっています。以下に各自動車保険会社ごとの「長期優良契約割引率」をまとめましたので参考にしてみてください。

保険会社 割引率
三井住友海上 1.5%
あいおいニッセイ同和損保 2%
富士火災 3%
日新火災 3%
朝日火災 1.5%
共栄火災 10%
AIU保険 3%
JA共済 2%
イーデザイン損保 「長期優良契約割引」割引制度なし
SBI損保 「長期優良契約割引」割引制度なし
ソニー損保 「長期優良契約割引」割引制度なし
三井ダイレクト損保 「長期優良契約割引」割引制度なし
アクサダイレクト 「長期優良契約割引」割引制度なし
東京海上日動 「長期優良契約割引」割引制度なし
セゾン自動車 「長期優良契約割引」割引制度なし
チューリッヒ保険 「長期優良契約割引」割引制度なし
セコム損保 「長期優良契約割引」割引制度なし
マイカー共済 「長期優良契約割引」割引制度なし
損保ジャパン日本興亜 「長期優良契約割引」割引制度なし

「長期優良契約割引」の適用条件は?

「長期優良契約割引」は20等級であればだれでも適用されるわけではありません。

「長期優良契約割引」が適用される条件は下記の3つの条件を全て満たしている場合です。

自動車保険(任意保険)の「長期優良契約割引」適用条件
  1. 前年度契約時点および、本年度保険契約時点で等級が20等級である
  2. 前年度に事故などで自動車保険を使っていない。保険金を請求していない
  3. 過去に事故有係数が適用されたことがないこと(過去に1度も事故をしていない)

このように「長期優良契約割引」があることで20等級でそれ以上等級アップがない人でも無事故で安全運転を継続しようという目標ができるので自然に安全運転をするようになるというメリットもあります。

20等級の人は「長期優良契約割引」で保険料を安く出来る

本年度保険契約時点で等級が20等級で、前年度に事故で保険を使っていない場合は「長期優良契約割引」が適用できます。

そのため20等級のままで保険料が全く変わらない、保険料が安くらないと思っている方は、「長期優良契約割引」が適用される保険会社に乗り換えることで最大で10%の保険料の割引を適用されることができます。

ただし、「長期優良契約割引」がある保険会社は複数ありますが、実際に見積りをしてみないとどの保険会社の保険料が安いのかはわかりません。

「長期優良契約割引」がない保険会社の方が「長期優良契約割引」を適用できる保険会社よりも同一条件と補償内容でも保険料が安くなることはよくあります。

「長期優良契約割引」よりも保険料を安く出来る方法は保険料の安い保険会社を選ぶこと

実は、「長期優良契約割引」の有り無しだけで保険会社を選ぶと保険料が高い保険会社を選択してしまうことがあります。

これは自動車保険の保険会社によって同じ保険の条件や補償内容であっても保険会社によって等級や年齢や、仕様用途や車種に対するリスクの考え方が異なるため保険料は異なります。

そのため実際にどの保険会社の保険料が安くなるのかは自分の条件で実際に見積りを取ってみないとわからないのが現実です。「長期優良契約割引」が適用される保険会社を探す時も便利です。

「長期優良契約割引」が有る保険会社よりも「長期優良契約割引」がない保険会社の方が保険用が安くなることはよく有ります。また代理店を使って自動車保険(任意保険)を契約している人は、自動車保険の一括見積りを使って保険会社を乗り換えるとほぼ確実に保険料は安くすることが可能です。これは代理店経由の自動車保険には、保険料に代理店手数料が上乗せされているからです。

実際に2割〜5割程度保険料を下げることが出来ます。この自動車保険の一括見積りはいろいろと条件を変えて何度使っても完全無料で電話とかもかかってこないので利用したことがない人は高い保険料を払っていると断言できます。

それだけ節約効果が高い、保険料を効果的に下げる唯一の方法だからです。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

スポンサーリンク




この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

スポンサーリンク