この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【必見】雪道をノーマルタイヤで走行中の事故の補償と保険金の支払い

雪道や凍結路面、チェーン規制の道路をノーマルタイヤで走行中の事故は「対人補償」「対物補償」に関しては任意保険での補償の範囲内となり保険金が支払われます。ただし運転者に対する補償となる保険金は支払われません

そもそもノーマルタイヤでのスタッドレスやチェーンを装着しない状態での雪道の走行は道路交通法第71条六号違反となりドライバーに重大な過失があると判断されるからです。

また、違反した場合は、道路交通法第120条1項九号により5万円以下の罰金となりますが、6000円の反則金を支払えば、点数の減点(加点)はありません

4WD車やFF車は凍結路面や雪道上であってもノーマルタイヤで普通に発進できてしまいます。しかしノーマルタイヤのブレーキでの制動はスタッドレスタイヤの1.7倍となり通常の感覚でブレーキを踏むと止まなく信号待ちや一時停止箇所、下り坂での事故が多発しています。

スポンサーリンク




雪道をノーマルタイヤで走行中の事故は補償されて保険金が支払われる

雪道や積雪路面、凍結路面をノーマルタイヤで走行中に事故をした場合は、対人事故(対人補償)、対物事故(対物補償)に対する保険金は任意保険を契約している保険会社から保険金として支払われます。

雪道や積雪路面、凍結路面をノーマルタイヤで走行中の事故の補償
  • 対人事故(対人補償)と対物事故(対物補償): 補償される
  • 運転者(ドライバー)に対する補償: 補償されないで保険金は支払われない

雪道をノーマルタイヤで走行する行為は運転者の重大な過失と判断されますが、対人事故(対人補償)、対物事故(対物補償)に対する保険金は相手に対する補償なので支払われるというわけです。

しかし、運転者(ドライバー)に対する補償は運転者に重大な過失がある事故なので運転者に対する人身や車両保険は支払われないことが多いです。

自動車保険の保険会社の約款には「運転者(被保険者)に重大な過失がある場合は保険金を支払わない」という規定があります。

4WDならノーマルタイヤでも走行できる?「発進できるけど止まらない」

ノーマルタイヤで雪道を走行して事故が多いのは4WD車です。

これは4WDなら雪道でも大丈夫という過信と、四駆だと路面の悪い雪道でも発進は普通にできてしまいます。FFも重たいエンジンが駆動輪にあるので普通に発進できます。

ただしFR車は発進時にリアを降るのでとても雪道の走行はできません。FR車のトヨタ86も雪道での事故はとても多くなっています。

駆動形式別のノーマルタイヤ装着時の雪道の走行についてまとめました。

駆動形式別のノーマルタイヤ装着時の雪道の走行

FF,FR,4WDの駆動方式別の雪道走行
  • FF車(フロントエンジンフロント駆動): 雪道でも苦労なく加速できる
  • FR車(フロントエンジンリア駆動): 雪道ではかなり加速で苦労する
  • 4WD車(フロントエンジン四輪駆動): 雪道でも舗装路と変わらず加速できる

ちなみにどの駆動形式であってもブレーキ(停止)の性能はほとんど変わりません。ノーマルタイヤでのブレーキ(停止での制動)は車重が思いほど苦労します。

トラックやバスなどの大型車はノーマルタイヤでの雪道の走行での減速時には「排気ブレーキ」の使用に注意して下さい。アクセルオフ→排気ブレーキ自動作動のタイミングで駆動輪のの後輪がロックをしてリアがスライドして大事故を引き起こすケースが多々あります。

チェーン規制が出ている状況でノーマルタイヤで事故をした場合の補償

高速道路などでは雪が降ったり積雪があると「チェーン規制」がでます。

チェーン規制がかかっている道路をノーマルタイヤで走行中に事故をした場合は、「対人補償」「対物補償」に関しては任意保険から保険金が支払われます。ただし運転者に対する補償となる保険金は支払われません

「チェーン規制中」の道路をノーマルタイヤで走行中の事故の補償
  • 対人事故(対人補償)、対物事故(対物補償): 補償される
  • 運転者(ドライバー)に対する補償: 補償されないで保険金は支払われない

チェーン規制が出ている道路をノーマルタイヤで走行する行為は運転者の重大な過失があると判断されます。またノーマルタイヤに外出中に雪が降ってきてノーマルタイヤのまま走行するということがあります。この場合でも補償は変わりません。

事故をした場合は、任意保険では相手方への補償はされますが、運転者(被保険者)に対する補償がされないことがほとんどです。補償されるかどうかは保険会社によって判断が異なります。

チェーン規制されている道路のスタッドレス走行時の補償

チェーン規制がされている区間の道路をスタッドレスタイヤで走行している時の事故は、基本的には補償されることがほとんどです。

実際に高速道路上のサービスエリア(SA)やパーキングエリア(PA)ではチェーンまたはスタッドレスタイヤを装着しているかどうかを確認されます。もしチェーンまたはスタッドレスタイヤを装着していない場合は、次の出口で高速道路を降ろされます。

雪道の事故で過失割合が大きくなる事故

雪道での事故で過失割合が多くなる事故の例をあげておきます。これはノーマルタイヤ装着時によく起こる事故でもありますがスタッドレスタイヤでも同様の事故は発生します。

雪道や積雪路面、凍結路面で過失割合が大きくなる事故
  • スリップをして対向車や前を走る車に衝突する事故
  • 停車中や駐車中の車に衝突する事故
  • センターラインをオーバーして対向車に衝突する事故

これらの事故は基本的に過失割合が10割(100%)に近くなり高額な損害賠償責任に問われます。また、死亡事故を起こした場合は、「過失運転致死傷罪」となり、刑法211条2項、新法第5条で7年以下の懲役もしくは禁錮、または100万円以下の罰金に処せられます。

もし雪道をノーマルタイヤで走行中に事故をした場合は、任意保険に加入していないととても相手に補償できません。

今は、自動車保険会社20社に対して完全無料で保険料の一括見積りができる便利なサービスがあるので各保険会社の保険料を簡単に調べて比較して保険料の安い自動車保険でいいので対物補償と対人補償を無制限にして加入しておく事が大切です。

今現在任意保険に加入している場合でも高い保険料を払っているのかどうかの判断もできます。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

スポンサーリンク




この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

スポンサーリンク