この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【金額】電柱や信号機や標識、ガードレールを壊した時の値段や賠償金額の詳細

自動車事故の対物事故で公共の信号機や電柱、標識やガードレールなどを破損してしまうことは多くあります。またETCゲートを突き破ってしまったという事故も多発しています。

そのような場合は任意保険で賠償することになりますがかなり高額な賠償金額になっています。

自賠責保険は対人補償はありますが対物補償は一切ありません。

そのため任意保険から損害賠償金の支払いをします。

任意保険に入っていない自賠責保険だけの場合は公共物の破損は実費負担になります。

武中
ここでは各破損した公共物ごとに賠償金額(弁償の値段)をまとめましたので参考にしてみてください。
スポンサーリンク




電柱や信号機や標識、ガードレールを壊した時の値段や賠償金額

電柱や信号機や標識、ガードレールを壊した時の値段や賠償金額
  • 電柱: 数十万円〜1000万以上
  • 信号機: 500万円〜2000万円以上
  • ガードレール: 支柱込みで1枚30万円
  • 道路標識: 50万円〜数百万円
  • ETCゲート: バー1つ6万5000円、両側2つで13万円

電柱一本でもかなりの賠償金額となるのは電柱には重要な電線やインターネット回線、CATV回線などが架かっているからです。

それぞれのケーブルの施工会社にそれぞれ工事を発注するのでかなりの金額になります。また信号機はかなり高額で1つ破損しただけでも1000万円近い補償金を請求されます。

自賠責保険の加入だけでは対物は補償されない

公道を走行する自動車は強制保険として自賠責保険に加入しないといけないので任意保険に加入していなくて自賠責保険には加入しています。

しかし自賠責保険は対人補償はありますが対物補償(物損補償)が一切ない保険です。

そのため公共の信号機や電柱、標識やガードレールなどを破損した場合は補償金がおりませんので大きな借金を抱えたり人生を棒に振ることになります。

対人補償 物損補償
傷害 120万円
(治療費/休業補償/慰謝料)
補償なし

※任意保険未加入であれば全額実費負担

死亡時 3,000万円
(逸失利益/治療費/慰謝料/葬儀費用)
後遺障害時 4,000万円
(逸失利益/治療費)

このように自賠責保険は補償範囲が対人だけに限定されており物損事故は一切補償されない内容となっています。

任意保険に未加入で公共の信号機や電柱、標識やガードレールなどを破損した場合は一生をかけて返済するよな人生を送ることになる人もいます。

そのため自動車を運転する時にはどれだけ安い任意保険でもいいので必ず任意保険を加入してから公道を走るようにしましょう。

自分の自動車の破損は車両保険に加入していないと補償されない

任意保険は主に相手方に対する保証で自分側への保険ではありません

分の自動車の補償は自分が契約している保険会社の車両保険から保険金が支払われます

任意保険で対物補償をつけているからと言っても自分の車は保証されないので注意が必要です。事故の時に自分の車の補償金を貰いたい場合は車両保険にも同時に申し込んでおくことで補償してもらえます。

任意保険を無料で一括見積もりをして比較する

任意保険の最近の主流はインターネットから自動車保険の無料の一括見積もりサービスを使って同一条件で複数の保険会社に同時見積もりをして比較してから自動車保険を契約する方法です。

この方法はメリットが大きくまず代理店で契約するよりも20〜40%ほど保険料が安くなりさらに複数の保険会社に対して同一条件で見積もりした結果を比較できるので一番安い自動車保険を納得した上で契約できるからです。

自動車保険は1社を使い続けていて保険料を払っている人がかなりいます。実際自動車保険に加入している半分以上も人は無駄な保険料を払いすぎています。

自動車保険の一括見積もりサービスは完全無料で利用でき、同じ条件で20社以上の保険会社のそれぞれの保険料が一覧で出てくるので保険料が高い保険会社を選んでしまうということがなくなります。

これは同一条件で一括見積もりをした結果ですが、保険会社によって7万円も保険料に差額が出ています。

武中
高い保険料の保険会社であってもサービス内容はほぼ同じなので気が付かないで無駄な保険料を払ってしまうということがあるのです。

通常この方法を使うと2割〜5割程度保険料が安くなるので必ず利用するのがおすすめです。

自動車保険は同じ条件や補償内容であっても保険会社によって保険料が大幅に変わります。近年は複数の自動車保険会社に対して一括で保険料を見積もりできるサービスがメジャーです。

車検証と現在自動車保険に加入している場合は保険証、免許証があれば簡単に見積ができてわずか10分くらいで複数の保険会社から見積もりがでてきて保険会社ごとに保険料を比較することができます。

また、一括見積もりの結果の画面から保険への加入もできるようになっています。

同じ条件でも保険料は保険会社によって大幅に変わるので、少し手間ではありますがこの方法を利用することで今現在加入している保険会社よりも安い保険料にすることができます。

武中
無料で使えるので使わないのはもったいないです。

ただほとんどの人が知らないで保険会社の言われるがまま契約している人が多いのです。

利用料は完全無料で約5分で見積もり結果が出てくるので絶対に利用したほうがいいです。800万人以上の人が利用して保険料を大幅に安くできている実績があります。

同じ条件で見積もっているので保険料が安い保険会社がお得になりますし無駄な保険料を知らずのうちに払っていたということがなくなります。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

スポンサーリンク




この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

スポンサーリンク