この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

飛び石や石はねで窓ガラスが割れた場合は車両保険で修理できる?詳細

結論を先に書くと、窓ガラス(フロントガラス)の割れや亀裂は自動車保険の車両保険に入っていればどのプランであっても車両保険で補償されて保険金が支払われるので修理できます。

ただし車両保険を使って修理すると翌年度の保険の更新のタイミングで1等級ダウンします。

高速道路や一般道を走っているとよくあるが飛び石や石はねでの窓ガラス(フロントガラス)の割れや亀裂です。窓ガラス(フロントガラス)に割れや亀裂があると車検が通りません。

相手がいる事故での窓ガラス(フロントガラス)の割れや亀裂は相手の車の自動車保険で修理されます。相手がいない窓ガラス(フロントガラス)の割れの場合は車両保険に加入していれば車両保険を使って修理が可能です。

車両保険を使って窓ガラス(フロントガラス)の割れや亀裂を修理して1等級ダウンした場合でも保険料をアップさせないでむしろ安くする方法(裏技)も含めて詳しく紹介します。

スポンサーリンク




飛び石や石はねで窓ガラスが割れた場合は車両保険で修理可能

車両保険には大きくわけて一般車両保険とエコノミー(車対車+限定A)に分かれます。飛び石や石はねでの窓ガラス(フロントガラス)の割れや亀裂は一般車両保険とエコノミーでも補償の対象となっており保険会社から修理代が支払われます。

事故や災害の種類 一般 エコノミー
(車対車+限定A)
他車との事故 対応 対応
自然災害(洪水・台風など) 対応 対応
火災・爆発 対応 対応
イタズラ・盗難 対応 対応
飛び石や石はねでのガラス割れ 対応 対応
落下物・飛来物 対応 対応
動物との衝突事故・接触事故 対応 非対応
車上荒らし 対応 対応
自損事故 対応 非対応
当て逃げ(相手車不明) 対応 非対応
自然災害(地震・噴火・津波) 非対応 非対応

エコノミー(車対車+限定A)の限定Aの意味は、アクシデントのAでアクシデントとは自然災害やいたずら、葛西や落下物や飛来物、盗難や、窓ガラスの割れや亀裂、破損などが補償の対象となっています。

エコノミーは基本的に一般保険よりも保険料が安いので加入しておくのがおすすめです。

そのため、車両保険に入っていれば飛び石や石はねでの窓ガラス(フロントガラス)の割れや亀裂などの破損は補償されるため自分で修理代を払わなくても綺麗な窓ガラスに修理され、車検にも通るようになります。

補償される窓ガラスの割れはフロントガラスだけでなく車のすべてのガラスが対象です。

窓ガラスの修理で車両保険を使うと翌年1等級ダウンする

窓ガラスの割れや亀裂などの破損で車両保険を使うと1等級ダウン事故として扱われるため翌年1等級ダウンします。

たとえば窓ガラスの割れや亀裂などの破損で修理代の安いサイドガラスだけ割れた場合などは、損害額が1等級ダウンによって上回る保険料のアップよりも安い場合は実費で修理をしたほうが損をしません。

窓ガラスの割れや亀裂などの破損に遭った時はまず修理工場で修理費用の見積もりを取ります。その見積もり額と、1等級ダウンした時にアップする保険料を比較して修理費用のほうが安ければ実費で修理をしたほうが得になります。

1等級ダウンしたことによるアップする保険料は保険会社の担当者にお願いすると算出してもらうことができます。修理工場での修理代を聞いてから車両保険を使うかどうかを決められます。

武中
1等級したことによるアップする保険料は保険会社の担当者に「保険料の増額はいくらか試算してください」と言えば計算してくれます

保険会社の担当者には修理費用の見積もりが出てから保険を使うかどうか回答する旨を伝えておけば問題ありません。

1等級ダウン事故や車両保険をつけても保険料を安くする方法・裏技

車両保険に入っていれば飛び石や石はねでの窓ガラス(フロントガラス)の割れや亀裂などの破損は補償されます。ただし1等級ダウン事故扱いになるので翌年度は保険料がアップします。

保険料を安くする方法は2つあり、1.車両保険のプランを「エコノミー」に変更する。2.等級が1等級ダウンしても保険料が安い保険会社を探して乗り換える。の2つです、特に2番は効果的で1等級ダウンなんて全く気にならないくらい保険料がかなり安くなります

エコノミーは基本的に一般保険よりも保険料が安いのでもし入っていなければ加入しておくのがおすすめです。同時に保険料が最安の保険会社を探すと保険料を今より安くして車両保険もつけられます

自動車保険には、多くの保険会社がありますが保険会社によって同じ保険の条件や補償内容であっても保険料は大きく異なりますし、条件によっても保険料は大幅に変わります。

車両保険をつけてない保険会社の保険料と、車両保険をつけた自動車保険会社の保険料が同じだったり保険料が安くなることも多いのです。

そのため窓ガラス(フロントガラス)の割れや亀裂などの破損への対策として、車両保険をつけておくべきです。無料で使える自動車保険の一括見積もりサービスを利用することで、最安で無駄なく車両保険付きの自動車保険に加入したり乗り換えることができます。

自動車保険をかけたい自動車の車検証と免許証があれば5分ほどで見積もり結果が算出されて返ってくるので算出された複数の自動車保険会社の保険料を比較して納得いく保険会社で契約することで大幅に保険料を節約でき安心して車にのることができます。絶対に利用したほうがいいです。

無料で使えるので一括見積もりサービスを使わないのはもったいないです。800万人以上の人が利用して保険料を大幅に安くできている実績があります。ただほとんどの人が知らないで保険会社の言われるがまま契約している人が多いのです。

同じ条件で見積もっているので保険料が安い車両保険付きの保険会社の保険がお得になります。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

スポンサーリンク




この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

スポンサーリンク