この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【保存版】駐車車両が原因の事故の過失割合と損害賠償の詳細

駐車車両が原因(起因)で発生した交通事故は駐車車両にも過失割合が生じることがあります。通常駐車車両に対して追突事故をした場合は、過失割合が追突した側が100%(10割)で100対0になります。

駐車車両が原因で人身事故が起こったり、他の車やバイクと事故が起きた場合は駐車車両側にも原因があるとされ、駐車場所や周囲の状況や駐車態様によって駐車車両にも過失割合が認められ賠償責任が生じます。

駐車場所や周囲の状況、駐車態様によってによって過失割合や賠償責任は異なります。

スポンサーリンク




駐車中の駐車車両に追突した場合の過失割合

通常、駐車中の車に追突した場合の事故は追突した側の過失割合が100%(10割)で追突された駐車車両の過失割合は0%(過失なし)となります。しかし夜間や道路状況などによって駐車していた車両にも責任が生じ、過失割合が認められるケースがあります。

武中
駐車車両が原因で起きた可能性がある事故の場合は少なからず過失割合が認められることが多いです。

夜間に道路上に駐車していた場合の過失割合

たとえば夜間に道路上に駐車していた車にバイクが追突した事故の場合で、駐車いていた車が責任(過失)を認めた場合は、駐車車両に6割〜7割程度の過失割合が認められる場合があります。ケースバイケースです。

また、夜間でなくても駐車車両が原因で道路の先が見通しが悪くなっていて事故が発生した場合は、駐車車両に3割〜4割程度の過失割合が認められる場合があります。

駐車と停車の違いとは

駐車と停車の違いは法律によって下記のように定義されています。

  • 駐車: 継続的に停止し運転者が直ちに運転ができない状態
  • 停車: 車両が停止中で駐車以外の状態

駐車禁止の場所や交差点、公園の入口の駐車は過失割合が生じることがある

駐車場所や周囲の状況や駐車態様によって駐車車両にも過失割合が生じる与えられることがあります。たとえば、駐車禁止の場所や交差点、公園などの入口に駐車していた場合などの駐車車両が原因で事故が発生したような場合です。

駐車場上での事故は駐車車両に過失割合はなし

駐車場内での事故は駐車して止まっている側の車の過失割合は0%(過失なし)となります。

たとえば駐車場に車を入れる時に駐車車両に当ててしまったり衝突した場合は、衝突した側の車の過失割合が100%(10割)となります。駐車スペース内に駐車している車に過失割合はありません。

違法駐車をしている車が原因での事故は駐車している車に過失割合が生じることがある

違法駐車が原因で事故が発生した場合は、違法駐車している側の車の過失割合がなしということはありません。例えば、違法駐車している車を避けて人を轢いてしまったり車と衝突してしまった場合は、違法駐車している車にも過失割合が生じます。

過失割合が生じるか生じないかのポイントはその違法駐車している車が原因で事故が起きたのかということです。一定の条件を満たせば違法駐車をしている車にも1割〜3割程度の過失割合が生じます。

違法駐車の車に過失割合が与えられる3つの条件

  1. 違法駐車が民法上の「過失」にあたること
  2. 違法車両が自動車損害賠償保障法上の「運行」にあたること
  3. 違法車両と事故に「因果関係」が認められた場合

違法駐車が民法上の「過失」にあたること

民法上の過失とはちょっとの時間だからとか、特に他の車に影響を与えないという気持ちで車を離れて駐車をしたケースです。このようなケースは事故が起こる可能性を知っていながら違法駐車をしていることから過失割合が生じることがあります。

違法車両が自動車損害賠償保障法上の「運行」にあたること

自動車損害賠償保障法上の「運行」とは法律上では法律で「人又は物を運送するしないにかかわらず、自動車を当該措置の用い方に従い用いること」とされています。

たとえばコンビニや自販機に行くために短時間であっても一時的に駐車したような場合は「運行」にあたります。

違法車両と事故に「因果関係」が認められた場合

違法車両と事故に「因果関係」というのはそのままなのでわかりやすいかと思いますが、

違法駐車をしている車が原因で字t子が起きたかいうことです。たとえば交通事故の原因が違法駐車をしている車にもあったと認められた場合は、違法駐車をしていた車にも過失割合が与えられます。

安い任意保険でいいので加入していくことが大事

このように駐車が原因で起こった事故でもお互いに過失割合が生じることが多く事故が起きたらお互いに賠償することになります。

また、「自分は事故を絶対にしない」と思っていても相手から事故に巻き込まれることもあります事故の際に頼りになるのは自動車保険である任意保険や車両保険です。

事故で人生を棒に振らないために保険料が安い自動車保険でもいいので加入しておくことが重要です。

近年は複数の自動車保険会社に対して一括で保険料を見積もりできるサービスがメジャーで車検証と現在自動車保険に加入している場合は保険証、免許証があれば簡単に見積ができて20社くらい複数の保険会社から見積もりがでてきて保険会社ごとに保険料を比較することができます。

同じ条件でも保険料は保険会社によって大幅に変わるので、少し手間ではありますがこの方法を利用することで今現在加入している保険会社よりも安い保険料にすることができます。

無料で使えるので使わないのはもったいないです。ただほとんどの人が知らないで保険会社の言われるがまま契約している人が多いのです。

利用料は完全無料で約5分の入力だけで見積もり結果が出てくるので絶対に利用したほうがいいです。800万人以上の人が利用して保険料を大幅に安くできている実績があります。同じ条件で見積もっているので保険料が安い保険会社がお得になります。

任意保険に加入していなかった場合は示談交渉も補償も含めてすべて自分で行う必要がありとても大変です。そのため安い自動車保険でいいので任意保険には必ず加入しておくようにしましょう。あなたを守るために大切なことです。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

スポンサーリンク




この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

スポンサーリンク