この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【保存版】高速道路上の自動車事故のケース別過失割合まとめ

高速道路は一般道と過失割合が異なります。高速道路は道路上(本線)で停車することが禁止されています。

そのため停車中に追突された場合も過失が発生しますし、歩行者を跳ねた場合や荷物を落下させた場合にも一般道と違い過失割合が異なります。

ここでは高速道路上の自動車事故についてケース別に過失割合を詳しくまとめましたので紹介します。

スポンサーリンク




高速道路上の事故の過失割合は一般道と異なる

一般道では停車している車に追突した場合は追突した側の過失は100%(10割)になります。しかし高速道路は基本的に走行車線、追い越し車線とも停車してはいけない車線ということになっています。

そのため高速道路の車線上で停車している時に追突された場合は追突された側も30%〜40%(3割〜4割)の過失となる場合が多くなっています。追突した側はその残りの過失割合となります。

例えば急ブレーキをかけたことが原因で追突された場合は、ブレーキを掛けて追突された側の過失が50%(5割)となることもあります。

また高速道路を走っていると荷物の落下は落とし主の責任ですという電光掲示板を見ることがありますが高速道路で荷物を落下されたことが原因となる事故の場合は荷物を落下させた側の過失が60%(6割)またはそれ以上となること多々あります。

また、高速道路上は基本的に自動車以外入ってはいけないことになっているため歩行者を跳ねた場合は歩行者側の責任が大きいとされ過失割合は歩行者80%(8割)、跳ねた側の過失は20%(2割)となります。

過失割合が少ないからといっても人身事故は責任が大きいので高速道路を走行する時は注意する必要があります。

高速道路で人を跳ねる事故の過失割合

高速道路には人はいないと思いこんでいたりしますが実は高速道路で人を跳ねる事故というのはけっこう発生しています。パターン別の過失割合は下記のとおりです。

状態 人間側の過失割合 自動車側の過失割合
高速道路を歩行中の歩行者を跳ねる 8割 2割
車から降りた歩行者を跳ねる 5割 5割
高速道路の工事中の作業員を跳ねる 3割 7割

高速道路では故障や事故などで車から高速道路上に出たり工事の作業員の方が高速道路上の落下物などを回収しているのを跳ねてしまうケースもあります。

高速道路だから人はいないと思い込まずにもしかしたら人が歩いているから注意しながら運転しようと言う気持ちで走行するのがいいでしょう。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

スポンサーリンク




この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

スポンサーリンク