Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

任意保険一覧

【金額】電柱や信号機や標識、ガードレールを壊した時の値段や賠償金額の詳細

電柱や信号機や標識、ガードレールを壊した時の値段や賠償金額は、電柱:数十万円〜1000万以上、信号機: 500万円〜2000万円以上、ガードレール: 1枚30万円、道路標識: 50万円〜数百万円、ETCゲート: バー1つ6万5000円。自賠責保険ではこれらの賠償の保険料は支払われません。任意保険のみが賠償の対象です。

【必見】自動車保険・任意保険の即日加入できる!やり方と方法・注意点

自動車保険は審査が無いので即日加入が可能です。保険会社の代理店やディーラー、車検場や整備工場などで即日加入が可能です。加入に必要な書類は名義変更済みの車検証と免許証があればすぐに加入できます。『一番安く自動車保険を契約する方法は、完全無料で使える自動車保険の一括見積もりサービスを使う方法』です。やり方と注意点を紹介!

【必見】保険会社を乗り換えた時は今までの等級割引きは引き継がれる?

結論から先に書くと、自動車保険の等級は保険会社を乗り換えても引き継ぐことができます。そのため保険会社が変わっても最初から割引が適用された状態で乗り換えができます。同一条件の見積もりなので安い保険会社か高い保険会社かがよく分かるのと相場も確認できるので自動車保険を乗り換える時は必ず一括見積もりをしてことをおすすめします。

【必見】自動車保険・任意保険の見積もりはいつからできる?まとめ

結論から先に書くと、自動車保険・任意保険の見積もりは車検証に記載されている型式、初年度登録、自動車所有者と使用者の名義の情報があれば、『現在保険に加入している場合は満期の2〜3ヶ月前』『新規で加入する場合は1ヶ月前程度から』見積もりをとって加入契約をすることができます。新車や中古車の納車前でも保険を契約できます。

【保存版】自動車保険の保険料の相場と保険料を比較して安くする方法

結論を先に書くと、自動車保険の保険料の相場と保険料を比較して安くする方法は自分の保険の条件で完全無料で利用できる自動車保険の一括見積もりサービスを使う方法です。同一条件であっても保険会社によって大きく保険料が異なります。自動車保険の相場は条件によって大幅に保険料が変わるので自分の条件で見積もりをすることが重要です。

【保存版】ダイレクト型(通販型)自動車保険のメリット・デメリットまとめ

自動車保険の申込方法には代理店型とダイレクト型(通販型)の2つの自動車保険がありダイレクト方の方が3割〜5割程度保険料が安くなります。ダイレクト型(通販型)のメリットは「自動車保険の保険料が大幅に安くできる」「複数の保険会社から一括無料で見積もりが取れて比較ができる」「インターネットから簡単に申し込みができる」「保険の内容や補償内容は代理店型と全く同じ」

【保存版】自動車保険・任意保険の契約変更手続きが必要になる条件まとめ

自動車保険・任意保険の契約変更手続きが必要になる条件は「車を買い替えて車両変更をする場合」 「住所や氏名、連絡先が変更になった場合」「自動車の所有者の記載が変更になった場合」 「年齢条件が変わった場合」「保険の名義を変更したい場合」「申請している年間走行距離をオーバーしそうな場合」「使用目的を変更したい場合」「運転者限定条件を変更したい場合」「同居していた子供が世帯から出た場合(別居になった)」

車を譲ってもらった譲渡された場合の任意保険の加入と保険料を安くする方法

車を譲ってもらった譲渡された場合の任意保険の加入と保険料を安くする方法は任意保険の保険料は車両の追加や入替えのタイミングでダイレクト型に変更して複数の保険会社に対して一括見積もりを行うと大幅に保険料を安くできます。自賠責保険は強制保険なので車検の残りがあれば残っているため契約する必要はありません。

【必見】任意保険の保険料をすぐに安くする2つの簡単な方法!

結論を先に書くと、任意保険の保険料をすぐに安くする方法は2つあり『インターネット経由で契約するダイレクト型の自動車保険に乗り換えること』と、『無料で使える任意保険の無料一括見積もりサイトを利用して同じ条件で一番安い保険会社を選ぶこと』で約3割〜5割任意保険の保険料を安くすることができます。やり方を詳しく紹介します!

【保存版】任意保険なしで自動車事故やバイク事故を起こした場合の補償や賠償の詳細!

任意保険なしで運転している人はほんんどいないと思っているかもしれませんが、自動車運転者全体の約15%は任意保険未加入で運転をしています。結論を先に書くと、任意保険に加入していない場合は自賠責保険(強制保険)だけの補償になり事故をした場合は最悪自己破産をします。相手が任意保険に未加入だった場合は補償金が支払われなかったりして最悪は泣き寝入りをすることになります。